SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 主のさばきは真実 | main | 朝起きたら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
力あるとりなし
 
   すべての祈りと願いを用いて、

どんなときにも御霊によって祈りなさい。エペソ6:18

 

私たちがとりなしの祈りをする時に、神への私たちの従順が、考えていた以上に、他の人たちをそこなっているのに気づくことがある。

神が、全く違った方法でその人を引き上げようとしておられる時に、私たちは安っぽい同情をもってとりなしの祈りをする。ここに問題の原因となるものがある。私たちが、人々に対する神の関心と一つになることをひかえ、人間的な同情心でとりなす時、神との生きた関係は失われていく。そして私たちの同情心や人々に対する評価が前面に押し出る。これは、神への不当な干渉にほかならないのではないだろうか。

神に対する完全な確信がなければ、力あるとりなしをすることはできない。私たちと神との関係をそこなう最大のものは、個人的な同情や偏見である。

神との一致、これがとりなしの鍵である。私たちが同情心を起した時に、私たちの神との一致はなくなる。自分自身と他人への同情心が、私たちに「そのようなことは起ってはならない」と言わせるからである。その時にすぐさま、私たちの神との生きた関係はだめになる。

とりなしの祈りが、あわれな自分自身に対する祈りに取って代る時がある。とりなしをする時、自分自身のことを、締め出さなければならない。そして、人々に対する神の関心と全く一つになるのである。

オズワルド・チェンバース
| オズワルド・チャンバース | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:19 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/975
トラックバック