SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< ユニバーサル・スタジオ・ジャパン | main | 懐かしい名古屋の味 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
失くした鍵が見つかり・・一緒に喜んでほしくて・・
先週の金曜日 透析病院の近くで家の鍵を紛失した

ワイヤーにつけていたのだけど、ねじが緩んでいたようで

外れて落としてしまった

落としたことにも気が付かず、透析が終わり帰宅して

玄関の鍵を開けようとして気がついた

どこで落としたのか・・

金曜日は透析の前に税務署やらいろいろ寄ったので

どこかの駐車場で落としたに違いない・・・

  娘と息子とともに祈った

とりあえず月曜日電話して聞いてみようと思った


ついこの前、玄関の鍵が古くなって開けにくくなっていたので

最新式のカギに交換してもらったばかりだったので

また交換するのもなぁ〜と 落ち込み・・・

でも、見つからなかったらと考えることはやめて

カギを落としたことを主に感謝した


 今朝税務署や病院に電話して尋ねてみたが

鍵の落し物はない

最後にだめもとでホームセンターに電話してみたところ

駐車場に落ちていたとの届け出がありましたよ!とうれしい報告!

オカメインコの鍵カバーがついていたので、すぐに私のものだと分かり

なんだかものすご〜〜〜くうれしくって イエス様ありがと〜〜〜!と思わず叫んで万歳してしまった

鍵ひとつ紛失して もう見つからないと思っていたのに

見つかった!

嬉しくて娘にもメールし

今夜夜勤で家にいた大ちゃんは私の喜びようを見て笑っていた

カギが見つかっただけでこんなにうれしい・・

自分は大喜びしている

 み言葉が心に思い浮かぶ

 「女の人が銀貨を十枚持っていて、もしその一枚をなくしたら、あかりをつけ、家を掃いて、見つけるまで念入りに捜さないでしょうか。
 見つけたら、友だちや近所の女たちを呼び集めて、『なくした銀貨を見つけましたから、いっしょに喜んでください。』と言うでしょう。

あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、神の御使いたちに喜びがわき起こるのです。」


 「・・・死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから、喜び祝うのはあたりまえではないか。」

 
  鍵ひとつ紛失して心曇らせて

 見つかることを深く望んで 見つかったときは本当にうれしくって

 娘と息子に喜びを分かち合いたいと思った

  鍵ひとつでさえも 見つけた喜びがこんなに大きいのだ・・

 まして、一人の失われていた人が いなくなっていたのに見つかり キリストの救いに与る 

 救いの歓び!歓声が天で湧き上がることへの思いが

 心の中を巡る  あぁ主よ・・

 

   今から透析の病院へ向かうけれど、

 ホームセンターへ立ち寄り、大切な鍵を受け取りに行く

 心はウキウキ

 感謝の賛美を捧げつつ行ってまいります!

 
   最近は透析の行き帰りの車の中で ゴスペルを聞きつつ賛美しています

 み言葉そのものを歌ったり、神に向かうストレートな歌詞に引き上げられます

  (^^♪

 

 

 

 

 




 

 




 
| | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/971
トラックバック