SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 感謝します | main | 彼の死と同じ形に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お祈り心から感謝いたします!


 幸い薄く見ゆる日に(新聖歌330番) (前夜式で賛美します)


幸い薄く見ゆる日に 孤独に悩むときに
わが恵み汝れに足れりと 静かな声を聞きぬ

されば 我 わが目を上げて
十字架のイエスを 仰がん

主よ 汝が愛を想えば 我に乏しきことなしと


愛する者を失いて 望みの消ゆるときに
われ汝をひとりにせじと 優しき声を聞きぬ

されば 我 笑みをたたえて
友なるイエスに 応えん

主よ 汝が愛に生くれば 我に乏しきことなしと

 
   
   ハレルヤ主を褒め称えます


 主は何と恵みに満ち、憐れみと愛に満ちたお方なのでしょう!

 召される三日前に洗礼を受けることができましたが

 医師からは、もう意識が戻ることはないでしょう と言われました

 次の日、たとえ意識がなくても精一杯話しかけようと病室に向かいました

 ところが、父の意識が戻っており

 手を握り、ちゃんと応答してくれたのです

 父は何かを話したそうでしたが、もう声に出して話をする力はありませんでした

 私は父に

 「お父さん、わかるかな?お父さんは昨日洗礼を受けてクリスチャンになったんだよ

  イエス様が迎えに来てくれるから、何も心配いらないよ

 お父さ〜ん、大好きだよ〜、私はお父さんの娘として生まれ育ったこと 本当に幸せだったよ
 
 お父さん、本当にありがとう、愛しているよ 」

 と泣きながら父を抱きしめ、頬に口づけをしました

 父の目は何とも言えないやさしい目をしていました

 それが父と交わした最後の会話となりました

  まるでさようならをちゃんと伝えることができるようにと

 父の意識が戻ったことも

 主のお優しい、恵みに満ちたご配慮に涙が止まりませんでした。

 

 「イエスは言われた。『わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、

死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、

決して死ぬことがありません。このことを信じますか。』」

ハレルヤ! 

 父は主と共に生きている

 生きている方をどうして墓の中で探すのか!

 その言葉は、信じる者すべてそのお言葉の中に入れられているのである。

 なんという恵み‼、なんと素晴らしい主の大いなる愛!

 最期に父の手をとって臨終に寄り添うことができた娘は

 「おじいちゃんは生きているから、悲しくない^^

 また会える。その時が楽しみだ」

  といった

  今日の前夜式、明日の告別式を通して

 主イエス様の御名があがめられますように!!!

   

 
 

 
 
 

 
| | 14:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:09 | - | - |
コメント
candyさん、ご家族の皆様、お父様の前夜式、告別式でお疲れの事と思います。
主の愛が、安らぎが皆様の心も体も包み込んでくださいますように。
ゆっくりお休みくださいね。
| sheep | 2015/01/14 7:36 PM |

sheepさんへ

キリストにある優しさに溢れたコメントを感謝いたします

まだ色々な手続きに追われている日々ですが
体調が支えられていることは皆様のとりなしのおかげと心から、本当に感謝しています。

ゆ〜っくりお昼寝ができる日を楽しみに、手続き頑張ります^^!

感謝を込めて
主にある愛するsheep姉妹へ
| candy | 2015/01/17 10:32 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/962
トラックバック