SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< あなたの道を主にゆだねよ facebookより | main | アロマで癒され中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
気落ちした者を慰めてくださる主
今日は父が一泊だけだけど外泊してきた

父はがんの苦痛を和らげるため、麻薬を服用している

そのせいか、夢と現実の区別が時々つかなくなったり、幻覚のようなものを見ているようだった

私が病院でおかしなサークルに入りみんなを勧誘しているとか

病室の前の廊下で映画の撮影をしていたと言ったり

私と主人が部屋の外でいつまでも話していたといい

父は私たちに不信感を抱いていた

お前たちは信用ならん!と、言われたときは何が何だかわからず
戸惑いを覚えたが

主は真実な方

苦難という敵の前で食事を整えてくださったのだ。それは

今朝、同じくして病との戦いにあり、入院している兄弟から偶然お電話をいただいた

まさかお電話ができる状態とは思いもよらなかったので、電話をいただき驚いたが

兄弟の声を聞いて深い喜びが湧き上がってきた。神の恵みに溢れて涙する兄弟の声を通して

わたしは大いに励ましを受けた

もしかしたら父は今日の外泊で最後なのかもしれない・・と思っていた私の心は

兄弟によって大いに力づけられ、幻覚によって不信感を抱いている父に対しても

父のそのままの姿を受け止め、心の平安をもって接することができた。



自宅に戻り、ゆっくり話をすることで、父は少し安心したようだった

自宅のベッドに入った瞬間、あぁ、やっぱり家の布団はいいなぁ〜と気持ちよさそうにしていた。

食事もあまり取れない父に、正直、何もできない無力さを覚えるのだけれど

時を共に過ごすことができる、その恵みに心から主に感謝します。



  「しかし、気落ちした者を慰めてくださる神は、テトスが来たことによって、

     私たちを慰めてくださいました。」

        競灰螢鵐7:6










 
| 恵み | 21:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:58 | - | - |
コメント
candyさん、お父さん、外泊出来てよかったですね。
やっぱり家の布団が一番ですし、病室にいると余計に家が一番だと実感されることと思います。
昔、今の病気と同じ病気で入院した時、同じ病室に癌を患い、痛みが酷いためにモルヒネを打っていた方が入って来ました。
その方は薬の副作用で幻覚を見るとのこと、夜中もうめき声が聞こえたことを思い出しました。

ご本人もお辛いことでしょうね。お父さんの痛みが取り除かれ、その恐れや不安の中で主と出会うことが出来るよう、主が深く慰め、ご自身の御手がその患部に置かれるよう、お祈りします。

そしてcandyさんご自身も透析が合ったりで、万全ではないので看病も大変なことと思います。主がcandyさんを心身共に支えてくださるよう、ご自身の愛で更に満たし、こういう状況の中にあっても主の平和で満たされるよう、御祈りしますね。
| みのみの | 2014/11/29 2:27 AM |

みのみのさんへ

お祈りありがとうございます。
入院すると床が変わってなんだか眠れなかったりするんですよね。
外泊できることは嬉しいことなんですが
口からとれる栄養が少なくなってきているので、長い外泊は難しくなっています。
いろいろなことができなくなってきていることを実感させられている毎日の中で、

頂いたコメントを通し、またお祈りにとても励まされました。
心から感謝します。

毎日父の病院へ行っていますが、さすがに透析がある日はくたくたになりますが
皆様のお祈りに支えられていることが何よりも感謝なことであり、また大きな力です。。

祈ってくださっているみのみのさんの上に主に豊かな祝福がありますように!!
感謝を込めて・・・ 





| candy | 2014/11/29 9:16 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/953
トラックバック