SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 素敵な出会い | main | 日帰り旅行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
もう一つの出会い
 

新しい出会い その2

  

 http://www4.atword.jp/liberty1/


  Liberty Blueさんのブログ

         以下はブログより抜粋です


「人間は一生の間、誰かに繋がっていたいと思う欲求がある。

困難にぶつかった時、誰かに支えてほしい、祈りの中で覚えてほしいと願う。

暗い谷間の底に一緒に居てくださるのは主ご自身だという事を見出す事ができた人は幸いだ。

12節の最後にある「三つ撚りの糸は簡単には切れない」に何故か目が留まった。

「ひとり」から「ふたり」と書いてあるところへ「三つの撚り糸」。

ふたつに織り込んでいくもう一本の糸とは...

このみことばに答えがあるような気がする。

ふたりでも三人でも、わたしの名において

集まる所には、わたしもその中にいるからです。(マタイ18:20)

| 兄弟姉妹のブログより | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:49 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/95
トラックバック