SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< ジハードの為に米国に来たイスラム教徒、イエスに出会う facebookより | main | 大ちゃん初旅行!富士山へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぶどう酒の出来るまで facebookより
 

私は、あなたがたのために受ける苦しみを喜びとしています。

そして、キリストのからだのために、私の身をもって、

キリストの苦しみの欠けたところを満たしているのです。
   コロサイ1:24

私たちは、自分勝手な献身をもって召命を作りだす。
しかし、私たちが神と正しい関係を持った時、神はそれらのものをすべて払いのけ、驚くほどの痛みをもって私たちを締めつけられる。
そして光がさすように、この痛みの意味が私たちに明らかにされ、私たちは次のように言う。「ここに、私がおります。私を遣わしてください」と。

この召命は聖化とは関係がない。
しかしそれは、裂かれたパンとぶどう酒と関係がある。
私たちを押しつぶそうとする神の指をしりぞけるとしたら、神は私たちをぶどう酒に変えることはできない。
神は自らの指をもって、私たちを裂かれたパンとし、注がれたぶどう酒とされることを望む。
しかし、神が私たちの嫌いな人物や状況を用いて私たちを押しつぶそうとされる時、私たちは抵抗するが、私たちには、自分の殉教の舞台を勝手に選ぶことはできない。
私たちがぶどう酒となるためには、まず押しつぶされなければならない。ぶどうの実をそのまま飲むことはできないからである。

あなたを押しつぶすために神はどの指を用いられるだろうか。
あなたは、大理石のように硬いだろうか。
それとも押しつぶされるのが辛くて逃げ出したいと思っているだろうか。あるいは、まだ熟していないため、押しつぶされて苦い液を出しているだろうか。
また、御手によってパンが裂かれる前に、私たちは神に合されなければならない。まず神との正しい関係を保ち、みこころのままをなしていただこう。
そうすればあなたは、他の神の子供たちを祝福するパンとなり、ぶどう酒となる。

オズワルド・チェンバース

| オズワルド・チャンバース | 13:08 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:08 | - | - |
コメント
キリストの苦しみの欠けたところを満たす
・・どういうことだろう・・
満たされる方は、神なのだろうが・・
しばし、心に留めてみます

虫の声、きれいです(^◇^)
| イチゴ | 2014/10/01 6:35 PM |

イチゴ姉さま

こんばんわ♪
「キリストの苦しみの欠けたところを満たす」
主がイチゴ姉妹に知恵と啓示の御霊によって御言葉の奥義を知らせてくださいますように。


 ちなみにこんなわかりやすい記事を見つけました

キリストの「苦しみ」と訳
してある語は、私たちの罪を贖うための十字架での受難という言葉とは全く別の単語で、むしろ「圧迫」とか「苦しめられること」
また「難儀、難渋」や「身をすり減らすような苦労」を指す言葉「トリープシス」が使われています。
さらに面白いのはキリストのお苦しみの
「欠けたところ」と訳してある語は、不完全とか欠如ではなくて、「まだ続いている残りの部分」を言う「イステリーマタ」なのです。
「キリストが私のために残してくださっている部分」とでも申しましょうか。私
ならここは、次のように訳した方が誤解の余地が無くて、良かろうと思うの
です。

 「キリストの体に当る教会のために、キリストが身をすり減らしなさった御苦労の続きを、今この身を使って果たさせていただいている。」
 
 引用終わり


 どうぞ主が、私たちをキリストとともに、産みの苦しみに与る者としてふさわしく成熟させてくださいますように。
| candy | 2014/10/02 11:30 PM |

「まだ続いている残りの部分」!!
なんて素晴らしいのでしょう。
私たちのような肉の者が、後に続いて行くことを許され、期待されているのですね。
自分の難儀が、御国の完成の僅かな部分に建てあげられることなど、考えることすら恐れ入りますが、書かれているからには、聖書の言葉の力には、圧倒されます。
素晴らしいメッセージをありがとうございます。
身を削るのは、痛いので嫌ですが、その時その日には、御子の信仰によって・・ああ・・素晴らしい・・キリストによって成させて下さるのですね
主の名が高くあげられますように。
| イチゴ | 2014/10/03 12:02 AM |

イチゴ姉さま

「あなたがたは、キリストのために、キリストを信じる信仰だけでなく、キリストのための苦しみをも賜ったのです。」
ピリピ1:29

この身を通してキリストが現されるということが
どういうことであるのか、迫ってきますね。



| candy | 2014/10/03 11:22 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/942
トラックバック