SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 交わりを通して与えられる主のいのち | main | 苦難の中で練られ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
熱中症
 今週火曜日、大ちゃんが、仕事終了直後、詰め所で倒れてしまった・・・

溶解炉といっても実はすべて流れ作業。

その前の工程の人が異常に?作業が早く、大ちゃんは一日中、休む暇なく動き続けなければならないほど

酷な状況になってしまった。

その日は、過去最高の出来高になったほど、仕事が進んだ。

会社側とすればよい結果なので、早いに越したことはないが、

今まで休みながら出来た溶解炉の仕事が、そうでなくなってしまったということだ。

普通の人よりも多く汗をかく大ちゃんは、30分もしないうちに、体中の汗が噴出し

水分補給が追いつかない状況だと話してくれた。

三時間もすれば頭の中はボーっとして、腕の自由が効かなくなり、

先日はそのために首筋に火傷を負って帰ってきた


火曜日は、詰め所に入るなり目が回って立っていられなくなって、倒れてしまったらしい

よく頑張ったな・・と班長さんがほめてくれたらしいが・・・・

氷で冷やす処置をしていただいて、何とか帰宅

次の日は、溶解炉の仕事から外していただけたようだが

熱中症によるその後の体のダメージで

食欲はなく、今朝も胸の苦しさを訴えていたので、

無理せず休みなさい、という私たちの勧めも聞かず、出勤していった。

今日は溶解炉の仕事と聞いた。

倒れた日よりもさらにコンデションがよくない状況での溶解炉の作業は危険すぎる。

我慢強すぎる息子はおそらく倒れるまで仕事を断ることはしないだろうと、

 見るに見かねた主人が、会社に連絡をするようにといってくれた。

猛暑が続くのはこれから。

ひと夏を超えることの厳しさを感じる


  主よ、今日も息子をお守りください・・・。


 
 
 

 

| 祈り | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:51 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/930
トラックバック