SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< すでに | main | 日向夏は美味し〜い! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
祈りの証し facebookより
 

【祈りの証し】

スポルジョン牧師がある時、ブリストルにやって来た。ブリストル市内の三大礼拝堂で説教するためだった。
また、彼の経営している孤児院のために直ちに必要とされていた 300ポンドの資金を集めるという目的も兼ねていた。そして、その資金は調達された。訪問の最後の晩にベッドに横たわっていると、スポルジョンはある声を...
耳にしたが、それは主の御声のようであって、「その 300ポンドをジョージ・ミューラーに与えよ。」と言うのであった。
そこでスポルジョンは言った。 「でも、主よ、そのお金はロンドンにいる私の愛する子供たちのために必要なのです。」
すると、もう一度声がして、「その 300ポンドをジョージ・ミューラーに与えよ。」と言った。
そして、眠りにつくことができたのは、彼がとうとう「わかりました。主よ、そうします。」と言った時だった。
  
翌朝、スポルジョンがジョージ・ミューラーの孤児院に出向くと、ジョージ・ミューラーは開かれた聖書を前にしてひざまずいていた。
有名な牧師スポルジョンは、その祈っている人の肩に手を置いて言った。
「ジョージ、神はこの 300ポンドを君に与えるようにと言われたのだ。」 
「おお、スポルジョンさん、私は主にその同じ金額を求めていたのです。」 
こうして二人の祈る人達は喜びを共にしたのであった。
  
スポルジョンがロンドンに戻ると、自分の机の上に一通の手紙が置かれていた。
封を切って中を見てみると、なんと300ギニーが同封されていたのである。
スポルジョンは喜び躍った。 「やったぞ! 主は私の300ポンドに300シリングの利子をつけて返済して下さった。」

| 書きとめておきたい言葉 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:53 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/903
トラックバック