SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 東山動植物公園へ | main | すでに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Amazing Grace わたしの罪、咎 あなたは自由に
驚くばかりの恵みなりき
この身の穢れの知れる我に。
 
恵みは我が身の恐れを消し
まかする心を起こさせたり。
 
危険をも罠をもさけえたるは
恵みの御業と言う他なし。
 
私の罪とがあなたは自由に
限りのない愛あふれる恵みよ

御国に着く朝いよよ高く
恵みの御神をたたえまつらん
 
私の罪とがあなたは自由に
限りのない愛あふれる恵みよ

私の罪とがあなたは自由に
限りのない愛あふれる恵みよ




 
  私の罪 咎 ・・あなたは自由に〜

 この賛美を聞きながら 十字架を思う

 私の罪 咎 と、主は本来は私のものであった罪と咎を

 ご自身の罪、咎とされた。

 あなたの、とは言われなかった。

 また、あなたに代わって負ってあげようとも言われなかった。

 主は、わたしの、と言われる そこに距離はない。

 あなたの罪とがを背負ったとは言われず、

 わたしの罪、咎として十字架に背負ってくださった

 御手から差し出された愛が

 「あなたは自由に〜」という詩とともに

 心の淵、その隅々に至るまで流れ込んで

 恵みの深さに涙する

 
 そして、

 自分の十字架を負うことの意味を思う。

 
それから、イエスは皆に言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。 
自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである。

 

 日々、自分の十字架を負って・・

 主は私のすべての罪、咎を「ご自分のもの」として背負われたのである

 「自分のもの」として背負われた

 そこに鍵がある。

 「わたしのためにいのちを失う」=

 それがイエス様が負われた真の十字架

 =「自分の十字架」である

 主は、主と私という区別を捨て(ご自分を空しくし、死に至るまで、十字架の死に至るまでご自分を捨てて下さった)ピリピ2:4〜

そして、私の一切を、全くご自分のものとして、その身に負ってくださったのだ

 
 もっと言えば、ご自分と一つとしてくださったのだ。

 使途の働きでは主はサウロに向かってこのように語られている。

 パウロは見ゆるところは、直接イエス様を迫害しているわけではなかった。

 その道を信じる者たちを迫害していた

 しかし主は、ここで、わたしを、と、あなたが迫害しているのはわたしだ。と語られている。

 
彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか。」という声を聞いた。
彼が、「主よ。あなたはどなたですか。」と言うと、お答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。



 
 以前、主人が抗がん剤の治療を受けているとき

 主は、主人のことを語ってくださった。

 「わたしのために祈っていただけませんか?」と。

 あなたのご主人のために祈りなさい、ではなく、

 わたしのために・・と言われたのだ

 あまりの主の深い愛に、声をあげて泣いたことを今でも、

そしてこれからもずっと忘れることはない。

 イエスご自身が、まず、父なる神の御前に

 ご自分を捨てて、日々、ご自分の十字架を負って、

 御父に従われたのだ

 ご自分の救いに与る者が

 足跡に従ってゆくことができるように・・・

 
  わたしの罪、咎 そして、 あなたは自由に・・

 与えられた自由の内に 

 主が背負われた足跡に・・

 「自分の十字架」を 背負ってついてゆく


 わたし(主)のためにいのちを失う十字架を御前に背負うとき

 それを得る のだから。

 限りのない愛 溢れる恵みよ!! 
  

 
おのおのが自分自身のこと〔ばかり〕にでなく、むしろ他人のことに[も]それぞれに注目しながら〔同じことを思い抱くためである〕。

このことを、すなわちキリスト・イエスにおいても〔妥当すること〕を、あなたがたのうちにあって思い抱きなさい。

キリストは神の形のうちにあったが、

神と等しくあることを

固守すべきものとはみなさず、

むしろ己れ自身を空しくした、

奴隷の形をとりつつ。

さらに人間と似た者になりつつ、

人間としての姿において現れつつ、

己れ自身を低くした、

死に至るまで従順になりつつ、

しかも十字架の死に〔至るまでも〕。

 ピリピ2:4〜
  

 

 
 

 

 

 
| 賛美 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/901
トラックバック