SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 秋が深まり・・・ | main | 私がしなければいけないこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
助けを得る

 助けを得るのに全く異なった2つの道が私たちの前にあることを認識しなければなりません。

一つは、

教理やその解説によって外側から〜思いによって〜助けを受ける(見たところでは正しい道)です。この道によって大いに助けられてきたという人も多いことでしょう。しかしながら、それは神が真に意図しておられる助けとはあまりにもかけ離れた(助け)なのです。

もう一つは

霊で霊にふれる道です。
わたしたちの霊のいのちが造り上げられるのは、
知力が進んだり、知識の宝庫を取得することによるのではなく、
このような触れ合いによるのです。

誰も欺かれることがないようにしましょう。

この道を見出してはじめて、
私たちは真のキリスト教を見出したことになります。
この道によってのみ、
わたしたちの霊は造り上げられます。



 たとえば、あなたが説教を聞きなれているなら、
同じ説教者から同じ説教を二度と聞くことは
疑いなくわずらわしいことでしょう。
この説教は一度だけ聞けば十分だと
感ずるにちがいありません

これはあなたがキリスト教を単なる教理
〜頭に正しい知識を貯えること〜と思っているからです。

造り上げられるとは教理の問題ではなくて、
霊の問題であることを知らなければなりません。

その兄弟が霊から話すなら、例えその主題がどんなに熟知しているものであっても、また、何度も聞いたことがあるものであっても、彼が霊から出てきてあなたに触れるたびごとに、
あなたは洗われきよめられるのです。

霊をよみがえらせる結果とならない教えや教理は、

すべて死んだ文字にしか過ぎません。



 もう一度言いますが、

砕かれた人にはきわめて注目すべきことがあります。

あなたが人を助けることができるばかりではなく、
人を助けることによってあなたもまた助けられます。

主を求めている罪びととともに祈っていると、
あなたも内側が強められます。

大きな間違いを犯した兄弟を厳しく叱責するようにと、
主に導かれることがあっても、
それによってその兄弟の霊がよみがえらされるだけでなく、
あなたも内側で造り上げられます。

霊が触れ合うごとにあなたは助けを得ることができます。

体全体が一肢体として
あなたに供給していることを知って驚嘆します。
体のどの肢体でもあなたの必要を満たすことができ、
あなたは助けられます。

あなたはからだ全体の供給を受けるものとなります。
これは何と豊かなことでしょう。

「かしらの豊富は体の豊富であり、体の豊富は私の豊富だ」

と真に言うことができます。

このことは単なる頭脳的知識の増加とは
なんと大きな相違でしょうか。


     :.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜゜:.。:.

  

>あなたが人を助けることによってあなたもまた助けられる

この言葉は以前、サンダーシングのメッセージで
触れたことがあった。
でもその時は、文字通り以上のことは理解していなかった。

助けを受ける〜他の人の霊を私たちの霊にふれさせる〜

ということは全くわかっていなかったのでる。

よく思い描くことがある。

受ける・・ということは、受ける本人の霊が聖霊の取り扱いを受けて、へりくだった状態にあるということ

 たとえば、水差しから水を注ごうとすれば、コップは絶えず注がれる水を受け取るために水差しの注ぎ口より下におかなければならない。

 注ぎ口より上においては決して注がれるということはないからだ。水は絶えず低いほうへと流れる。いのちの水もまた、低くされた人、砕かれた人へと流れ込む。
助ける人が

 外なる人が砕かれていない状態では、例え他の兄弟姉妹の霊が解き放たれて、主のいのちが流れてきても、助けを本当の意味で受けることができない

キリストの体が建て上げられるということ・・

 人をよみがえらせ、造り上げられるのはこの霊と霊のふれあいであるのです。ゆえに

 今キリスト教会で見られる依存関係やもたれあいは、互いに愛し合うということとは全く違うということが見えてくるのです。

 
 ニーは言います。

 「外なる人が砕かれるということはいかに必要なことでしょう。私たちが助けを受けたり、人を助けたりするにはこれが基本的な要件であって、それ以外の問題はあり得ません。」

| ウオッチマン・ニー | 08:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:56 | - | - |
コメント
こんばんは。

candyさんのブログをリンクさせていただきましたのでよろしくどうぞよろしくお願いします。

>「外なる人が砕かれるということはいかに必要なことでしょう。私たちが助けを受けたり、人を助けたりするにはこれが基本的な要件であって、それ以外の問題はあり得ません。」

アーメンです! 痛いですけど・・・
| クマ郎 | 2009/10/16 11:39 PM |

まぁ+.(´∀`*).+゚.リンク、ありがとうございます。

私もぜひクマ郎さんのブログご紹介とリンクさせてくださいね°+(*´∀`)b°+°
こちらこそ、よろしくお願いします。

十字架と復活の経験(痛いですが・・笑)
その甘さを真に知る人々がさらに起こされてゆきますように!!
| candy | 2009/10/17 7:13 AM |

こんにちは。お邪魔します。

ご丁寧な紹介とリンクをありがとうございます。

>十字架と復活の経験(痛いですが・・笑)
その甘さを真に知る人々がさらに起こされてゆきますように!!

アーメンです。その痛みと甘さを細々と発信できたらよいな〜と思っています♪
| クマ郎 | 2009/10/18 1:48 PM |

クマ郎さんへ

>その痛みと甘さを細々と発信できたらよいな〜と思っています♪

アーメンです

ともに主の中に安息しながらですね!
| candy | 2009/10/18 10:22 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/90
トラックバック