SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< ダイアモンドダスト&サンピラー | main | すべてを益とされる方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
神とともに歩むということ
「 信仰によって、エノクは死を見ないように移された。神が彼を移したので、見いだされなかった。というのは、移される前から、神に喜ばれていたことが証しされていたのである。」
                 ヘブル11章5節

「エノクは六十五年生きて、メトシェラを生んだ。
エノクはメトシェラを生んで後、三百年、神とともに歩んだ。
そして、息子、娘たちを生んだ。
エノクの一生は三百六十五年であった。
エノクは神とともに歩んだ。
神が彼を取られたので、彼はいなくなった。」

                創世記5章21〜24節

   エノクについて知ることができる記事は他の箇所には見当たらない 

 しかしこの短い文章の中で、深く思わされることがある。

 注目すべきは、エノクは65歳でメトシェラを産んでから

 神とともに歩んだことだ。

 何と、この「メトシェラ」と言う名前

 「メト」は死や死者を意味し、
 「シェラ」は「シャーラッハ」で「送る」という意味。
 
 自分の子供にそのような意味の名をつけるほどの何かを

 エノクは経験したのだ

 そのことについて聖書は何も語っていない。

 しかし、メトシェラが生まれて後、

 確かにエノクは神とともに歩みはじめた
 
 メトシェラの名前については、メトシェラの死後、ノアの洪水が起こっており、
 
 神の裁きが送られた、と意味するものであるとされている

 しかし、一方で、

 「死を通して、神とともに歩む人生を送る」

 ともとれるのではないだろうか。

 それがどのような出来事だったのか、知るすべはない。

しかしその出来事そのものに意味があるのではなく、

キリストの内にともに死を通ることにこそ、真の価値がある

 わが子に「死」と「送る」 と名付けるほどに

 彼が死の中を潜り抜けたからこそ、 

死を見ないように移されたのだ


 「神が彼を取られたので、彼はいなくなった。」 (創世記5:24)

「生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。」
 (1テサロニケ4:16,17)

この御言葉のごとく、エノクは神とともに歩む者たちの型なのだ

 
「わたしにむかって『主よ主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。 マタイ7:21

 おのずと、「父の御旨を行なう者」ということが見えてこないだろうか。

 「主はあなたに告げられた。 人よ。何が良いことなのか。 主は何をあなたに求めておられるのか。 それは、・・・あなたの神とともに歩むことではないか。」
                ミカ 6:8  

 御言葉について多くのメッセージが語られ、また解き明かされ、それについて学び、知ること、益することもまた多い。しかし

 いのちに至る道は「わたしが道である」と語られるお方の中を 
 
 通ることだ。イエスのごとく
 
 日々、十字架され、復活に至る歩みは

 人の目(肉の目)には隠されている 

 ちょうど黄泉が人の目には隠されているがごとくである。

 しかし死を通していのちへと至る。

 いのちとはイエスを知ることであり、

 イエスを知るとは、この身をもってイエスの死に継ぎ合わされ

 死を通って、まことのいのちへと生きながら移されることだ

 
 エノクのように死を通して神・と・ともに歩み、移される前から

 神に喜ばれていたことが証される歩みである。

 
    「 エノクは神とともに歩んだ。」 

                 創世記5:24
 

  この短い言葉の中に、いのちが凝縮されている。
 

 
 
 
 
| 御言葉の分かち合い | 06:53 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:53 | - | - |
コメント
お久しぶりです&#11088;
タブレットからイイネボタンを押したのにカウントされなかった〜・・・・・(--;)
帰宅してから再チャレンジです(^^)v


| りぼん(^^)/ | 2014/02/18 12:25 PM |

りぼんちゃん

いつもいいね!をありがと〜!
゜*。(*´Д`)。*° 寒い日が続いてるけど、元気ですか?
| candy | 2014/02/19 11:17 PM |

(*^_^*)微妙に・・・元気を保ってます★(笑)
今朝は頭痛で目が覚め、珈琲を飲んでいるうちに頭痛がとれたのでホットしています。
これから仕事の準備をして出勤で〜す(^^)/
candyさん(^^)風邪にご用心★
| りぼん(^^)/ | 2014/02/20 7:31 AM |

りぼんちゃんへ

よかった^^でも無理しないでくださいね〜
リボンちゃんの内に住まわれるお方が褒め称えられますように!
リボんちゃんを豊かに祝福してくださいますように
寒さ続く中、体調が支えられますように!
主を仰ぎます。

 
| candy | 2014/02/23 12:43 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/888
トラックバック