SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< すべては御手の中 | main | no title >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
すべて手放した後で・・
 あと二日で主人の会社が整理となる・・

すべての書類がそろえられ、後は片付けのみとなった・・

ところがである。寸前のところで

同じ系列会社と合併の話が持ち上がった

実は以前から自販機の調整、設置など

機械の操作ができる主人に来てほしいという話があったが、

主人は断っていた。

しかし、会社まるごと、ということになれば、

会社の社員ことを思えば

この話を断ることはできない。

1月1日から新会社として同じ場所で同じ仕事ができることとなったのである

それでも、明日のことはわからない

・・が、明日を守られる主が共におられる

主人はこんなことを言った。

 「何を考えているのかわけがわからない神様は、次は何をしてくれるのか・・」

この言葉を聞いて、つい笑ってしまった。

 確かに・・この先、いったい何を計画しておられるのかはわからない。

 しかし「 彼に信頼する者は、決して失望させられることがない。」 汽撻謄蹌押В

 御言葉は常に真実である
 

  次の日曜日はクリスマス礼拝

 主人も一緒に行くことになった

 主を褒め称えます

 御名があがめられますように!



「・・・あすのための心配は無用です。

   あすのことはあすが心配します。

労苦はその日その日に、十分あります。」(マタイ6:34)

 
   「明日を守られるイエス様」
 
 
明日はどんな日かわたしは知らない
 
晴れか嵐か曇りになるか

わたしは明日を心配しない イエスがわたしを守られるから

明日はわたしにはわからないけど

明日を守られるイエスがおられる


日々のあゆみは日々に明るく かたのおもには次第に軽い

輝く太陽 涙かわかし 仰ぐ空には虹のかけ橋

明日はわたしにはわからないけど

明日を守られるイエスがおられる


明日はどんな日かわたしは知らない どんな道すじが先にあるかも

だけどわたしは心配しない イエスがおられるわたしのそばに

明日はわたしにはわからないけど

明日を守られるイエスがおられる


 
    But I know who holds tomorrow

    and I know who holds my hand.
   



 

| | 21:37 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:37 | - | - |
コメント
凄い\(^^)/はれるや★
| りぼん(^^)/ | 2013/12/20 8:48 PM |

明日を守られるイエス様
アーメン!
明日を守られるイエスがおられる。
この信仰に立ち続けたいと願います。
主の御名を褒め称えます。
| ik_hoshino | 2013/12/22 12:20 AM |

リボンちゃんへ

本当に次の日のことすら私たちにはわからないですよね。
主人の今後のこともどうなるのかわかりません。でも誰が私の手を持っておられるのか知っているということは、何と幸いなことでしょう
| candy | 2013/12/24 8:28 PM |

ik_hoshino さんへ

アーメンです!
主が内におられることを知っている、
それがすべてですね

共に主を褒め称えます!
| candy | 2013/12/24 8:33 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/876
トラックバック