SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< no title | main | すべて手放した後で・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
すべては御手の中


 今月の25日で主人の会社が解散となることが決まった。

 飲料メーカーの下請けとして、長年主人の父が経営してきた会社だが、

 ここの所のひどい値下げ、値下げ連続で、今年の仕事はほとんどがただ働きをさせられている状況になった。

メーカー側の内部の人たちでさえ、こんなに値下げしたら、業者はつぶれる・・とわかっていたそうだが、上の決定には逆らえなかったようだ。

 幸い、会社に借金がないので解散、会社整理という形を取り、今はその片付けに追われる毎日だ

 
 主人はこんな苦しい状況から脱したいと、イエス様に求め、しばらく教会にも通っていた。

 ところが、状況は悪化の一途をたどっていき、

 「もう神様なんておらん!」と教会にも行かなくなった。

 事あるごとに、「神様なんておらん」と主人は言う

 でもそれを平安をもって聞くことができるのは、本当に感謝だ。

 主人の心が、本当に神の存在を意識すらしないのなら、

言葉にすら出ることはないだろう。

 主人が神なんていない、というたびに、

本当は神がいるなら知りたい・認めたいんだ!

 という叫びの裏返しであることを思う。

 主人が神なんていない、という時には

 「もし本当に神様がいないなら、わたしは生きていないけどね^^」とにっこり言う。

 
私の願いは、真実な意味で主人の魂がキリストのものとして勝ち取られることだ

それには、産みの苦しみ、十字架と通る以外にはない。


今はそのためにあえて

閉じ込めのときが与えられているのだと感じる。


私のような者の罪を許し、憐れみをもってご自身の子供とし、

なお忍耐に忍耐を重ねつつ導き続けてくださっているお方が

主人の魂をも捉えてくださることをどうして疑うことができよう。

たとい私が生きているうちに見ることができなかったとしても、

主人にあった方法で、主人に一番わかりやすい方法で

主が生きておられることを主人に示してくださることを信じます。

その時がいつであるのか・・それはずっと先の話かもしれません。でも
主は主人を捕らえ、愛してくださっていますから、どんなに反抗しても御手の中です。

もし、この目でこの耳で主人が主を救い主だと頭ではなく、内側で知ることを見るなら、、その喜びはいかばかりでしょう!!

 
 ハローワークに通わなければならないことを主人は恥じていた。

でも、第二の人生の始まりだね^^どんなことが待っているのかな??

どのような人生でも共に歩んで生きたい

この世にあっては苦しみがある、でも、すべては御手の中なのだから

主にすべての栄光がありますように!!









 

| | 08:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:25 | - | - |
コメント
アーメン!主は忍耐に忍耐を重ねてくださっているのですね。主を救い主と知ることは何と素晴らしく、喜びに満ちたことでしょうか!
| ik_hoshino | 2013/12/12 10:09 PM |

ik_hoshinoさんへ

アーメンです。

 キリストの奥義の幅、長さ、高さ、深さがどれほどであるかをすべての聖なる者たちと共に把捉し、・・エペソ3:18

十字架に留まり、このお方を知る喜びと恵みに与る、すべての聖徒たちとともに!
ハレルヤ!
| candy | 2013/12/15 12:15 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/875
トラックバック