SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< ひとつであるということ | main | 中国の獄中で殉教したある伝道者の詩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
十字架
 十字架は、一人一人のキリスト者が負わせられる。

一人一人が経験しなければならない、キリストと共に

苦しむ苦しみは、先ず最初に、

この世のいろいろな束縛から抜け出るように呼び求める招きである。

それは、イエス・キリストと出会って古い人が死ぬことである。

服従への歩みに足を踏み入れる者は、イエスの死に身をゆだねる。

彼は、自分の生命を死に引き渡す。

それは初めからそうである。

十字架は、敬虔で幸福な生活の恐ろしい結末ではない。

十字架からイエス・キリストとの交わりは始まるのである。

イエスの招きはすべて死に通ずる。

イエスに従うために、私たちが最初の弟子たちにならって

家や職業を捨てなければならないにしても、

あるいは、ルターにならって修道院から出て

この世の職業につくようにするにしても、

いずれの場合にも私たちを待ちうけているのは、

あの唯一の死、イエス・キリストにおける死、

イエスの召しにおいて

私たちの古い人間が死に絶える死である。

     ディートリッヒ・ボンヘッファー


 アーメン!
| 書きとめておきたい言葉 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/867
トラックバック