SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 眠れぬ夜を | main | 十字架 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ひとつであるということ
「私が良い牧者であって、私は自分の〔羊たち〕を知っており、私の〔羊たち〕も私を知っている。

父が私を知っており、私も父を知っているのと同様である。そして私は自分のいのちを、羊たちのために棄てる。」

 ヨハネ10:14,15

「私の羊たちは私の声を聞き、私も彼らを知っており、彼らは私について来る。」

 ヨハネ10:27





  細き声、その声が主のものであるか、

 どうして見分けるのでしょう。

御言葉を用いて囁きかけたサタンの声を、

荒野で聞き分けられた主は


父が私を知っており、

わたしも父を知っている・・と言われた。

知っている・・それは知識で知ることではない。

いのちとして知っているということだ

それは、わたしが父におり、父がわたしにおられる・・ように

内に住まわれるキリスト、そしてわたしもイエスの内におることである

それは、父の家に共に住むことであり、

父の愛とのかかわりの中にとどまることである


そ・し・て、主がご自身を捨てて従われたように、

日々十字架の主とともに釘付けられ

いのちを捨てて主の足跡に従う者とされる





 
| 御言葉の分かち合い | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/866
トラックバック