SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 虹 | main | 久々の休日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誕生日♪ 年は取りつつも日々新たに
 今日は家族から誕生日のお祝いしてもらいました

大好きな サロン・ド・ボヌール の フルーツタルト!

 甘さもちょうど良く、本当に美味しくって、

 誕生日と言ったらこのタルト!

 我が家の定番のケーキです。 

 何度食べても飽きません  笑

 

そして、 ・・ジャ〜ン!!

お誕生日のプレゼントをもらいました。  ↓

 
 

 
 主人と娘と息子の三人でお金を出し合って

 買ってくれたそうです。

 嬉しいよ~ ♪

 感謝、感謝な一日でした!
 
     

                 
 
 
 先日の転院騒動を通して、不思議な気分だが、新たな気持ちでと言うより、

全く新しく通院が始まったかのようだ

 一見、何の意味があったのだろうと思った転院話も

 そのことが無ければ、味わうことができなかった多くの恵みを知らされることとなった。

 神がなさることに無意味なこと、無駄なことは何一つないことを。

 次の御言葉の前にただ、ひれ伏し、主を崇めた。

 「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なる からだ。 ・・主の御告げ。・・ 天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道より も高くわたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」 旧約聖書 イザヤ書55章8〜9

 
  詳しいことは書くことはできないのだが、

 すべてのことは繋がっていること、問題は全く違う内容なのだが、他の兄弟姉妹と

 不思議なほど同じ、一致した答えを得る喜びに満たしてくださった。ハレルヤ!


 
  日々、新たにされるということが、この体にあっては昨日とは同じ状況にありつつも、

 なお、霊においては全く違う恵みに移されたかのように、すべてが新しくなる。

 私にとっては 週三回の今までの通院が、 (この現実は何も昨日も今日も変わりがないのだが)

 全く新しく通院を始めたかのような思いに変えられている

 キリストにあって、車を運転し、主と交わる。 

 遠くへと通う時間は 

 愛する人と二人きりでドライブするかのような、

 心踊らされる喜びへ

 何事にも妨げられることなく、誰も見ていないところで

 主の前にただ一人に。

 主との交わりは、十字架の交わりであり、痛みがそこにある。

 主が執り成されるように、執り成し 

 自由に御霊が執り成してくださることにすべてを委ね、

 異言で祈る。

 祈りも、肉によらず、もはや私ではなくキリスト・・

 のお言葉の中に自分を失うのだ

 そんな貴重で、麗しい時を、

 強制的にも備えてくださった主は、ほむべきかな!

 栄光が主にありますように!



 
| 恵み | 22:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:58 | - | - |
コメント
お誕生日おめでとうございます。
ご家族からのプレゼントは品物ももちろん嬉しいのですが祝ってくれる愛の心が嬉しいですね。
色々なことを通して、日々主の素晴らしさを体験するって感謝な人生を与えられていると感じます。
ちょっとしたことでもその中で見出す主の恵み、祝福を喜び今日も過ごしていきます。
| sheep | 2013/10/27 7:42 AM |

sheep姉妹へ

ありがとうございます!!

>日々主の素晴らしさを体験する

本当にそうですよね。

主こそ私の受ける分です。と日々告白し、

この身をもって神の恵みを深く知る者とされてゆきましょう!

sheep姉妹の内に住まわれる主を褒め称えます!
| candy | 2013/10/28 10:55 PM |

Happy Birthday to Candy☆
最近、イエス様に呼ばれている気がします。主の御業はすばらしい、そこまでわかっていて、求めているのに、どうして教会に行かないのか?と自分でも不思議です。
| Matthew | 2013/11/03 6:27 PM |

matthewさんへ

誕生日の祝福の言葉をありがとうございます!!

教会へ行く、ということの意味を今でもよく思い巡らし、また深く考えさせられます。

姉妹自身が、不思議と感じておられるのと同様に、

私自身も教会に通う者として、なぜ通っているのか、その不思議さを思うことがあります。

そして、そのどちらが正しいのか、と言うことでは決して測ることができない、それぞれに与えられた神のご計画を思うのです。

  天が地よりも高いように、
わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、
わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。
イザヤ55:8-9


「この主のみもとにきて、あなたがたも、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって、イエス・キリストにより、神によろこばれる霊のいけにえを、ささげなさい。 」ペテロ第一の2:4〜

『家造りらの捨てた石が
隅(すみ)のかしら石になった。
これは主がなされたことで、
わたしたちの目には不思議に見える』マルコ12:10〜


「この方のみもとにきて・・」がすべてなのだと思います。

家造りらが捨てた石、つまり、イスラエルの民に裏切られ、棄てられ、十字架の上で殺されてゆくイエス・キリストこそ、

神の救いのご計画の成就、「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった』
十字架の上でいのちをささげられた「この主のみもとに」来る時に 日々、キリストの死とひとつとされることによって、いのちへ(復活)と移され、キリストと共に・・

それぞれが生ける石とされ、霊の家に築き上げられ、組み合わされる
ことによって、

聖なる祭司となって、・・イエスキリストにより、神に喜ばれる霊のいけにえをささげる・・者とされる。

キリストの十字架のもとに、共にゆきましょう。











| candy | 2013/11/05 12:11 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/861
トラックバック