SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 祈りの秘訣 | main | 「生まれながらの私」は枯れたいちじくの木 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
祈りの秘訣・・その2

 この世の人々にとって、祈りはただ2つの焦点を持つだけです。
私はもっていない。だから私は祈る。
祈りの後、神は私に与えてくださる。

たとえば、私は昨日時計のために祈った。
数日後主は私に時計を下さると。
これは無からある物への移行です。

しかしキリスト者にとっては第三の点があります。
この2つの間にある点、すなわち、信仰です。
もし私が時計のために祈って、
ある日神はすでに私の祈りを聞いてくださったと主張できるなら、その時私は信仰の点まで到達したのです。

私の両手にはまだ何もないけれど、
私の内側では私の時計をもっているのを知っています。
数日後、時計が手に入ります。
キリスト者はどのように霊の中で受け取るのかを
知る必要があります。
さもなければ彼らは信仰も霊的洞察も持てません。

人々は熱心に祈らなければなりません。
彼らは信仰が与えられるまで祈るべきです。

私たちは第一の部分を
無信仰から信仰までの祈りということができましょう。

第二の部分は信仰から実際の所有までの賛美です。

なぜ私たちは祈りをこの2つに分けるのでしょうか。
それは一度信仰を持ったなら、
人は祈りではなく、賛美ができるだけだからです。
もし彼が祈り続けるなら、彼の信仰はなくなるでしょう。
彼は神に思い出していただき、
速やかに成就していただくように、賛美を用いるのです。
神はすでに与えると約束してくださったのですから、
何をそれ以上に求めることができるでしょうか。

世界中の兄弟、姉妹たちはこのような経験をしていました。〜

信仰が与えられた後では、それ以上の祈りは不要です。
なすべき一つのことは
「主よ、私はあなたを賛美します」
ということです。

悲しいことにはある兄弟たちはこの知識を持っていません。
神はすでに約束されました。
なおも彼らは祈り続けています。
それで彼らはすべてのものを失うまで祈ります。
これはまことに大きな損失です。


 どのようにして人は自分の信仰を維持すべきでしょうか。
主を賛美することによってです。

「おぉ、主よ、私はあなたを賛美します。
あなたが私の祈りを聞いて下さったからです。
あなたは一ヶ月前に聞いてくださいました。」

マルコ11:24にあるみ言葉は、何と尊いものでしょう。
この尊い聖句においてよりも、
信仰が素晴らしく表明されているところは、
新約聖書のどこにもありません。

 「祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすればその通りになります。」

 ここには3つの主な点があります。

 一 、手に何ももたないで祈る

 二 、信じる。まだなにももたないで。そして

 三 、信じる。そしてそのものが手中にある。

 
初信者が、祈りが何であり、
それほど祈りが生活の中で
大きな役割を果たすものであるかを
本当に知りますように。

| ウオッチマン・ニー | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:56 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/85
トラックバック