SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< イエス様とともに | main | 主のみ姿が・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
美味しすぎるももいちご
1363424473384.jpg
ジャーン♪

さくらももいちご

いちごのいちばん美味しい季節なのでと娘が

少し早目の母の日にプレゼントしてくれました
ももいちごは徳島県産で

甘さ抜群格別ないちごです。

風邪気味の旦那様と美味しくいただきました♪

今、春休みの大ちゃんは

自動車学校に通っています

大丈夫かしら?と心配しましたが、昨日仮免許合格
喜んで帰ってきました♪

イエス様、ありがとぉ〜

イエェイ 

| 恵み | 18:27 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | - |
コメント
主を賛美します。
私も数年前まで、娘から色んなプレゼントを貰いました。花束、ケーキ、洋服・・
今は何も(笑)くれません。
ただ、娘が居るということ、そのことによって主を賛美します。
仮免許まで速かったですね。バスケが上手ということは、きっと運動神経が良いのでしょう、神の器は、奥深く美しいです。なのでやはり神を賛美します。
| イチゴ | 2013/03/18 12:16 AM |

いちご姉ちゃんへ

娘が居るということ、アーメンです

ももいちごが食べてみたいと昔言っていたことを覚えていてくれて、プレゼントしてくれたようで、嬉しかったです。

いちごを見ると、神の愛を思い出します。透析導入した時、もういちごは食べられないのかなと一人病室でなんだか寂しく感じていた時でした。病院食にいちごが出たのです。
看護師さんも、「あら、今日はいちご?珍しいわねぇ〜」と言っていました。私はひとり涙しながらいちごを食べたのです。憐れみ深い神は
いちごに愛をこめて、ともにいることを教えてくださった出来事でした。


息子を仮免許まで導いてくださったのは神です。はじめは何度も急ブレーキを同乗の先生にかけられ、自分の不甲斐なさに随分と落ち込んでいました。いろんな判断を同時にすることが苦手だからです。
私たちも免許は難しいかも・・と反面思った程でした。

主は必要なな知恵と力をお与えくださいますね
息子の免許のために祈っていてくださる方が与えられていることも、素晴らしい恵み。

今では私の運転に、チェックを入れるほど(笑)うるさくなりました
感謝!
| candy | 2013/03/19 6:34 AM |

そうだったのですか・・
イチゴが好物だと何年か前に聞いた時、私は、自分のHNが気にかかりました。透析されてる方は、生の果物の摂取が制限されることを知ってたからです。もちろん、神の平安によって、全ては覆われて行きましたが。しかし今は、色んな出来事を通して自分のHNは只の思いつきでなかったと感じてます。苺を漢字で書くと草冠に母です、ね?このイメージで伝わるかしら・・
主がされることは、この世の価値と反対のことが多いですね、結果として反対になる、それを利用して成長させるということなのでしょう。
今となっては、キリストにあるということが大変に恵みであると、正面きって感謝してます。今までは、怖気づいてましたので(笑)
今日は久し振りに小豆を煮てます。赤飯でも炊こうかと思って!共に春を祝いましょう。ハレルヤ!
| イチゴ | 2013/03/19 5:15 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/810
トラックバック