SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 主の甘さのうちに満たされて | main | 神への愛ゆえに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
十字架と復活の印を帯びる者へ
 「あなたには多くの働きあります。

多くの良い点があり、悪い点も幾らかあります。

しかし、それらが良いものであれ悪いものであれ、

重要なのは『私の死と復活の強力な衝撃力をあなたは帯びているでしょうか、それがあなたの内にあるでしょうか?』というこの一事なのです。

『私は生きている者です。かつて死にましたが、見よ、代々にわたって生きます』。

あなたが地上で国々の間にいることにより

――言葉によってではなく、まさに力によって――

この証しがなされているでしょうか?」。

諸教会に対するこの要求を、徹頭徹尾、こう正確に正しく要約できると思います。

その終わりはその始まりとどう対応しているのでしょう?

これがすべての基本であり、これから逃れることはできません

             「純金の燭台
」より


  
 
 十字架が語られることがない。

それはイエス様が私の罪が赦されるのために十字架に掛かられたということを

幾度も口で言い表すことを言っているのではない 

その人の生活のすべてが

キリストと共に十字架に付けられているもの、キリストとともなる死をくぐり抜けた

死の印、十字架の印を帯びたものであり

どうやっていのちに移されたのかわからないけれど、

確かに神がすべてのことをなされたのです

という復活の印、十字架と復活の証が語られることがないということである。

全てはこのことの中に神の栄光がある 

イエスが「栄光を受ける時が来た」と語られたのはまさにこの十字架を負って死ぬことであり

死者の中から初穂として起こされる、復活することであった

そして今も、絶えず、イエスの栄光とは「十字架と復活」にある


キリストの証人とは 十字架と復活の印をその身に帯びて日々歩む生き証人とされることである

死は私のうちに働き、いのちは他の人に働く

この十字架の働きの内に召される

キリストの弟子とされるとはそういうことである 

キリストに似た者になるということは、

キリストとともに十字架の上に

(ただ神だけがそこに連れて行ってくださる どうして自分からそこに行くことなどできよう)

ただ恵みによってキリストがおられる十字架の上へと導かれるのである。

深い深い痛みの中に置かれることなしに、

ほとばしりでるいのちの執りなし「父よ彼らをお許し下さい・・」という祈りの中へ

御霊によって祈らされる場所へと導かれることはない 

キリストの十字架の死にまでも従われた従順の足跡に、

神の恵みによって踏み入れる

へりくだったお方の霊とますます一つに溶け合わされてゆく

しかし、キリストとともに死んだのなら

キリストとともに蘇るのである。

復活はいのちが芽吹きのように、喜びで満ち溢れる

冬に固い蕾で覆われていた花が、咲きほころび始める姿は

なんと麗しく、美しいのでしょう

まして神が私たちのうちになされる復活のいのちの喜びは

どれほどでしょう!

  
 「彼は自らの前に置かれた喜びのゆえに、恥をものともせず、十字架に耐えた。そして神の座の右に着いているのである。」

  へブル12:2



















| 御言葉の分かち合い | 06:53 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:53 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/12/14 8:39 PM |

アーメン。
キリストとともに死んだのなら
キリストとともに蘇るのである。
主の御名をほめたたえます。
| ik_hoshino | 2012/12/15 11:40 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/12/15 6:48 PM |

ik_hoshinoさんへ

アーメン、アーメン!
ただ主だけが崇められますように!
| candy | 2012/12/16 8:15 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/786
トラックバック