SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< イカの唐揚げに挑戦  | main | 神の恵みが盛り沢山だ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イエスを知ることがすべて
最近は接骨院に通い始めたせいもあってか、他の用事も入り毎日があわただしい

やっと透析の時間、という頃にはすっかりお疲れモード

昨日は透析から帰っても疲れのせいか、なかなか寝付けなかった

弱さの中に置かれる・・これが神の祝福のサイン

早速、主はその恵みを備えてくださった

今朝は主人は釣りに、息子は部活へと出かけて行き、

娘と二人になり、いろんなことを話す時間が与えられた


自然に御言葉の話しになり、福音を語った・・・


福音は、イエスはあなたの罪のために十字架にかかって死なれ、三日目によみがえってくださった

だからこのイエスを信じて、天国に行きましょう


みたいな、薄っぺらな言葉上のものではない 

もちろん、福音が薄っぺらなのではなく、神の贖いの深遠なる恵みを薄っぺらにしてしまったのは

ほかならぬ人間であり、人垢まみれた宗教なのだ


娘自身が抱えている問題をとおして

神が最終的に導かれる場所は、イエスを知る、ことだと話した。

求めてみる、と娘は言った。

娘は自分自身の力では、神の御心に従えない・・といった。

それを知ることはなんという恵みだろう!

娘自身がイエスを救い主と内側から知る そのことのために

神はあえて色々なことを通されるのだ。





はたして、イエスを知るとは、どういうことか。

イエスというお方が、祈りを聞かれるお方で、いつくしみ深く、愛に富み、赦しに富んでおられるのか。。

を知ることであろうか。確かにそれも、イエスを知るということにおいての一部分である


イエスを知るということ

それはキリストの足跡にしたがい、 「十字架の死」 というキリストが残された足跡に 

(例えて言えば、まるで砂浜にくっきりと残った足跡に、神の導きによって実際に自分もそこに立たされるがごとく)

自分の足も踏み入れられる経験 だ

しかも、十字架の死が、自らの死にとどまるだけではない。それは十字架の死の入口にすぎないのである。

他の人のために「十字架の死」の足跡に、踏み入れられることである

それが、キリストの死と同じようにされるということである。

キリストの死に継ぎ合わされるとは、

神が愛しておられる人のために、自らを死に明け渡すこと

その死は絶望であろうか NO!

死はキリストによってすでに刺は完全に抜かれているのである。

死は勝利に呑まれているのである!!丸呑みされているのだ!!しかも、

死んでいる者にサタンはそれ以上もはや手を出す術はないのだ

死者をもよみがえらせてくださる神(コリント僑院В后砲鮹里

キリストの死と同じようにされることによって、キリストの贖いの深遠さにはじめて触れる者とされる

それは人知を超えた、深き神の愛の中に、共に置かれることである!

世の中の常識を越え、善悪を超え、思い描いてもいなかったほどの愛だ

すべての思いがひっくり返されるほどの愛である

十字架を知ることが、イエスを知ること 


 「主よ、われらの神よ、あなたは栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です」

  黙示録 4:11

 24人の長老が自分の冠をみ座の前に投げ出して言った言葉である。

 栄光と誉れと力を受けるにふさわしい、と、いうほどにイエスを知った・・のだ

  
 栄光と誉れと力を受けるにふさわしいお方であると、

 知らされて神をあがめることができるのはなんと幸いなことだろう


 
「 私は、キリストとその復活の力を知り、
  
またキリストの苦しみにあずかることも知って、

 キリストの死と、同じ状態になり、

どうにかして、死者の中からの復活に達したいのです。

私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。

ただ捕えようとして、追求しているのです。

そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。 」

              ピリピ3:10〜
 





















| | 09:16 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:16 | - | - |
コメント
死は勝利に呑まれているのである
アーメン アーメン
イエスは栄光と誉れと力を受けるにふさわしいお方である
アーメン
誰から受けるのか・・父から 
ならば イエスの跡を踏み続く者は・・
息子さんの就職が決まられたこと、おめでとうございます
愛する者のために全てを備えて十字架に連れていくとは、なんという深い愛、
子のために私自身が、そう出来る者ではないと、自分で分かるので、なお一層、憧れます
主よ、留まって下さい 


| イチゴ | 2012/10/12 7:29 PM |


「死は勝利に呑まれているのである!!丸呑みされているのだ!!しかも、
死んでいる者にサタンはそれ以上もはや手を出す術はないのだ
死者をもよみがえらせてくださる神(コリント僑院В后法廛◆璽瓮鵑任后

コロサイ3−2〜4
「上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。
あなたがたは死んだのであって、あなたがたの命は、キリストと共に神の内に隠されているのです。
あなたがたの命であるキリスト・・」

私たちの主イエス・キリストだけがすべてでありますように。
娘さんのことお祈りしています。

| 油菜 | 2012/10/13 8:09 PM |

いちご姉さんへ

御名を崇めます。

すべては主が導いてくださいます

私にはできない、しかし主にあってはすべてが可能です

十字架の裁きと憐れみを知ること
火の中をくぐり抜ける時ですら
主は共にいてくださいますね

日々、瞬間瞬間十字架を負ってついてゆく

明け渡しのうちに共にとどまりましょう
| candy | 2012/10/15 7:49 AM |

油菜さんへ

コメント、そして娘のためにお祈り
ありがとうございます。

コロサイの御言葉、アーメンです。

>私たちの主イエス・キリストだけがすべてでありますように

アーメン、アーメン!!
| candy | 2012/10/15 7:52 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/775
トラックバック