SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 岡崎の花火大会 | main | 残暑お見舞い申し上げます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
私たち・・という恵み
 
「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。


それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。


 もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。


 私たちがあなたがたについて抱いている望みは、動くことがありません。なぜなら、あなたがたが私たちと苦しみをともにしているように、慰めをもともにしていることを、私たちは知っているからです。 」  

  コリント僑院В粥

 
  それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです・・・

  苦しみをともにしているように 慰めもともにしていることを

 私たちは知っているからです・・・


   アーメン 

 「私たちは」と何度も書いてある・・それが、「私・は・」と書いてないところが なんとも嬉しいのです。

  神は世の終りまであなた方とともにいます

 と、お約束してくださっていますが

 そのしるしであるかのように、 

 真実に神を共有し、共に知り、分かち合える存在を備えてくださっている

 福音を宣べ伝えるために、神は必ず二人で遣わされた

  なぜ二人なのか、単なる意味という事を遥かに越え、

 その深みは、計り知れない。

イエスは彼らに言われた。「わたしを遣わした方のみこころを行ない、そのみわざを成し遂げることが、わたしの食物です。 」

 
 イエスが食べておられたまことの食物を

 共に食べあう存在

 苦しみも共にし、慰めも共にする存在を

 備えてくださっているとは、なんということだろう!

 こうしてキリストの愛の深さ、広さ、高さを と・も・に

 把捉してゆくのだ


 わ・た・した・ち・は知っている とパウロは言っているが、

 そのように言える力強さは、神からの恵み以外何ものでもない

 それは

 そして、あなたがた自身も活ける石となって、霊的な家として建てられるようにしなさい、〔そして〕聖なる祭司団となり、イエス・キリストを介して神に受け入れられる霊的な生け贄を献げるようになるために。
 
 汽撻謄蹌押В

組み合わされたレンガとしてしっかりとイエスのいのちによって一つにされ、霊の家として建て上げられる

 その繋がりは どうしてこうなったのか分からないが、

 ただ、神がそうしてくださるのだ。

 イエスご自身が十字架の上で生贄となられた。

 その足跡に従うことの意味を いのちのつながり、すなわち

 「私たち」の繋がりの中で

 一緒に食し、味わい知ることを 神は望んでおられるのだ。

 苦菜も甘さも 「私たち」 が知るように

 神はあらゆることの中に、「わたしはある」という方である事を

 「私たち」は共に 見る

 なんという喜びでしょう

 「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない」

 と言われた主のお言葉も、「私たち」の中で見るのです。


  キリストの体の素晴らしさ 

  なんて素敵なのでしょう それしか言葉が見つかりません。

  
  それは御父と御子と御霊、一つであられる神が

 われわれに似るようにと創造してくださった 

 神の似姿としての大いなる愛の味わいを 

 「私たち」の中に回復、いえ、新しく いのちを通して

 現して下さるためなのです!

 
 ハレルヤ!!
 
 


 
| 御言葉の分かち合い | 11:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:31 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/08/09 10:12 AM |

匿名希望様

感謝いたします。^^

| candy | 2012/08/09 7:13 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/763
トラックバック