SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< ヤコブの手紙 | main | 無事現場実習終了!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ただ恵みによって
 昨日、だいちゃんの現場実習先へ見学へ行ってきました

名古屋高速から伊勢湾岸道を走ること40分ほどの所

もちょうど小降りだったので感謝!

4人もの人事の方、現場担当の方が、会議室にて企業説明、

息子の実習の様子などを説明してくださいました。

その後、実際に息子の作業現場へ


 案内された先に 息子の姿が ・・

 家にいるときとは違い、真剣そのもの 

 息子が働く姿を見ることができるなんて・・・

 社会人として働くようになれば、当たり前のことだけど、

 学校のように親が訪問して仕事参観?などはもちろんない 

 神が特別にこんな日を備えてくださった事を深く感謝した。


 息子の学校は、挨拶が徹底されていて、誰もが自然に挨拶する習慣がついている。

 バスケで鍛えた?大きな声で挨拶し現場に入る息子に、

 会社の方は社内の雰囲気が明るくなる、仕事も丁寧だし

 とても真面目でまっすぐな好青年 

 素晴らしい息子さんですね

 逆に彼から教えられることの方が多いですよ。。と

 
 人事の担当の方が、自分が新入社員だったときの事を思い出しても、

 あんなふうにできていたかと思うとそうではない。

 と、話してくださった。


 神が息子を愛し、祝福してくださっている事に

 感謝でいっぱいになった。。。

 

  そして最後にこんな事を言って笑わせてくださった。

  「ただひとつ、彼に文句があるとしたら、このデカイ身長です! 」

 爆笑!

  
 どうやら息子が作業に立つと、蛍光灯に頭がぶつかってしまうのだそうで、

 わざわざ、蛍光灯を外した、とのこと、

 それで息子の所だけ、何か他の所より薄暗くなっていたのだ!笑

 
 
  私が見学に来た事を、人事部の方が息子に告げてくださり、作業を中断して

 息子がそばに来た。なんだか言葉はいらなかった。

 息子の なんともいえない、いい顔に 私は深い平安をおぼえた

 
  
 すべては主の恵みと憐れみによる。

  神の側の勝手の祝福 なのだ 

「わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」
 
  私たちの何かによらず、神は豊かに祝福してくださるお方なのだ。

  息子の弱さを、強さに変えてくださる 

  主の憐れみという権威の中で

  注がれる祝福は、周りの人のため 

   息子が行く所、どこにおいても 

  あなたの臨在が持ち運ばれ
 
  主のいのちがもたらされますように。。。

 
  御名があがめられますように!!


  ただ主を畏れ、崇めます。
   

| | 06:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:19 | - | - |
コメント
ハレルヤ!ハレルヤ!心から主の御名を崇めます。
他に言葉がありません。
とても嬉しいことです!
| ムベ | 2012/07/13 1:17 PM |

ムベ姉妹へ

親である私も言葉なく、ただ主を褒め称えています.+:。☆

主の恵みは尽きませんね

ハレルヤ!
| candy | 2012/07/13 7:03 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/753
トラックバック