SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< お祈り感謝! | main | ただ恵みによって >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ヤコブの手紙
  映画 「ヤコブの手紙」

 以前一度見た映画。 改めて観て

そのときには気がつかなかった、見えていなかった事が見え、

深い感動を覚えた。

下記のストーリーの中には詳しくは書かれていないが

ヤコブ牧師が生きがいとしていたものを失い、

その後、明らかに変えられるのだ。黒服を着た牧師姿から

肌着姿の普通の老いぼれのおじいさんに。

足の履物をも履かず、ただの素足に・・・。


その足を見たとき、

「あなたの足のくつを脱げ。あなたの立っている場所は聖なる地である。」


 の、御言葉を思い起こした。

「履き物を脱ぐ」とは、「権利の譲渡」を意味する

神のためにといってやってきたことが、自己満足に過ぎなかったことに気づき、深い落胆と絶望の中に置かれる。

その後、あることがきっかけで、たった一人教会堂に置き去りにされ(ヤコブ牧師は全盲)

一人主の前で聖餐に与り、十字架の前で身を横たえるのだ。

そんなヤコブ牧師の額に、雨の雫がたれ、起き上がる

起き上がった牧師は 神の時に導かれるようにして

見えない目で牧師館へと帰っていく。

レイラがその時、命を絶とうとしていたのだ。


  ヤコブ牧師が神と人々のためにとしていた生きがいは、人の魂を救いへと導くことができず、かえって死へと追いやったのです。

しかし、その生きがいそのものにヤコブ牧師が死んだとき、

はじめて神の命が 流れ出るいのちとなってゆく
 
次第にレイラの心が開かれてゆくのだ
 
 

  

ストーリー

模範囚として恩赦を言い渡されたレイラ。12年間暮らした刑務所から釈放されても身寄りのないレイラは、不本意ながらもすすめられるがまま、ある牧師の家に住み込みで働くことになった。レイラが訪ねた家には、盲目の牧師ヤコブがいた。「いらっしゃい、よくきてくれましたね。」レイラを温かく迎え入れるヤコブ牧師。しかし、すぐにそこを出て一人で生活を始めようと考えていたレイラは牧師にそっけない態度をとってしまう。

そんなレイラにヤコブ牧師は、目の見えない彼がただ一つできないことを仕事としてお願いする。それは毎日届く手紙を読み、その返事を彼の代わりに書くこと。それが、レイラの仕事だった。「ヤコブ牧師、郵便ですよ。」自転車に乗った郵便配達人によって、毎日届けられる人々からの手紙。「親愛なるヤコブ牧師様…。」手紙の送り主たちは、些細なことから、だれにも打ち明けられないことまで、いろいろな悩みを手紙で告白する。孫の就職口がないこと、学校が嫌でたまらないこと、夫の暴力がおさまらないこと…。一度だけ手紙を送ってくる人もいれば、何度も手紙を送ってくる人もいる。

さまざまな内容の手紙のひとつひとつに、丁寧な返事をするヤコブ牧師。手紙の送り主たちは、ヤコブからの返事を心のよりどころにし、彼もまた日々届く手紙を楽しみにしていた。人々の手紙が届かなくなってしまわないように、心のよりどころがなくなってしまわないようにと、ヤコブ牧師は別の土地に用意された立派な家に引っ越すこともなく、そこに住む彼と同じように古ぼけて、雨漏りのする家に住み続けるのだった。

嫌々ながらヤコブ牧師の家に住み続けるレイラは、ヤコブ牧師のために手紙を読んで返事を書くという仕事も好きになれない。毎日手紙を配達に来る郵便配達人もうっとうしく感じ、彼がヤコブ牧師に届けた人々からの手紙を勝手に捨ててしまうのだった。毎日手紙を届けながら、牧師のことを心配する郵便配達人もまた、突然現れたレイラに不信感を持つ。そして、相容れない二人の仲は、険悪になってしまう。

そんなある日、毎日届いていたヤコブ牧師への手紙がぷつりと届かなくなる。「そんな日もあるさ」というヤコブ牧師だったが、それが生きがいとなっていた彼は、すっかり気を落としてしまう。一方レイラは、ヤコブ牧師の元を出て行くことを決心する。しかし、自分には行くべき場所も、待っている人もいないということに気付き、深く絶望する。そんなレイラに、ヤコブ牧師は「まだこの家にいてくれたんだね」とやさしく語りかける。ただ一人、孤独な自分を受け入れてくれるヤコブに、レイラはようやく心を許し始めるのだった。

手紙も届かず、日に日に弱っていくヤコブを見かねたレイラは、郵便配達人に手紙が来なくなった理由を尋ねる。すると、「来ない手紙は届けられない」という郵便配達人。そこで、レイラと郵便配達人は一つの約束をする。明日、必ずヤコブへの手紙を届けること。しかし、翌日も相談の手紙は届かなかった。それでもレイラは、ヤコブ牧師に「手紙が来ましたよ」と告げる。そして今までだれにも話せずにいた、あることを打ち明け始めるのだった…。「親愛なるヤコブ牧師…。」

| おすすめ | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/752
トラックバック