SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 掛川 花鳥園 | main | お祈り感謝! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
バック・トゥー・エルサレム



 三十年ほど前に継続する本物のリバイバルが中国の家の教会に起こった。

 気がつくとわたしたちは神の世界的な祝福の炎の最前線におり、中国で、何千万人もの人々がキリストを信じるようになった。

 そして、まだ福音が入ってきたことのない取り残された地域は事実上、すべて中国の西と東に位置していることもわかってきた。

 私たちは神の祭壇から炎を取って、アジア、中東、北アフリカイスラム教圏のすべての民族と福音から取り残されたすべての国々の中に神の御国を打ちたてて

大宣教命令を完成させるという重要な責任を神から与えられたと信じている。

これが完成したとき、

 「次に生き残っている私たちが、たちまち彼らと一緒に雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。

 このようにして、私たちはいつまでも主と共にいることになります。こういうわけですから、この言葉を持って互いに慰め合いなさい」
 
  第一テサロニケ4:17〜


 と聖書にあるように、私たちは主イエス・キリストがご自分の花嫁のために帰ってこられると信じている。

 エルサレムから出た福音が、地球を一周して福音の始まったエルサレムに帰るとき、福音は最も長い旅をしたことになる!

 福音の炎が地球を回り終えたとき、主イエスは帰ってこられる!

 「まことに水が海をおおうように、地は、主の栄光を知ることで満たされる。」(ハバクク2:14)


        本文より  



 
| おすすめ | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/748
トラックバック