SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 偶像を心のうちから取り除き | main | アセロラジュース >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
神の時
 「まことに、まことにあなたがたに告げます。一粒の麦が地に落ちて死ななければ

それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。自分の命を愛するものは

それを失い、この世でそのいのちを憎む者はそれを保って永遠のいのちに至るのです。」

           ヨハネ12:24〜
 

  これらの聖句を黙想するとき、私は河南で農業していた時、

 小麦の種を土の中に植えてから地面の上に芽をだすまで、

約7ヶ月間「土の中」(刑務所)にいるように示されているように感じた。

 私が刑務所の中に埋められた種だった時、イエスは多くの教訓を教えてくれた。

 クリスチャンの生活は肉体にとって魅惑的なものではない。小さな種が地面の中に入っても

 そこは快適なところではありえない。

 ごつごつとした暗い土の中に何ヶ月も一人でいて、冬の凍りつく地面や夏の暑さに苦しめられ

 悪臭を放つ肥やしや肥料に覆われる。これらの試練にじっと耐えた後、

 種はいのちを芽吹き、多くの人を養う収穫物を生み出す。


  種が地面に埋められたら、ただ、いのちが芽吹く神の時をじっと待つ以外に選択肢はない。

同じように、刑務所から出して欲しいという人間の努力に頼ることは

 全く無駄であることが分かっていた。

人権団体に頼って政治的圧力をかけてもらう代わりに

 私は自分の未来が完全に神の手の中にあり、

その時が来たときだけ出ることができると知った。

           

  ブラザー・ユン   ミャンマーの監獄にて 
| ブラザー・ユン | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/743
トラックバック