SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< Happy Birthday!! | main | あまりに可愛いので・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
もはや自分自身を頼まず・・
 「最初に血、次に油注ぎが与えられる

 最初に浄められ、次に主からの祝福が与えられる

 最初にカルバリを経験しないと、ペンテコステはやってこない

 十字架よ、十字架よ、永遠に私の栄光

 主の血潮は 私の罪を洗い流した

 主イエスの血潮だけをとおして」


   
  「力を捨てよ、わたしこそ神であることを知れ」

    詩篇46:10

 
 「北風が吹いても、南からそよ風が起こる

 すべてのうちに 神が働かれる

 北風は身を切るほど冷たいが そう長くは続かない

 すぐに南から暖かいそよ風がやってくるだろう

   忍耐して待とう
 
   忍耐して待とう

   主の時が来れば すべてを美しくしてくださる

   その時がきたなら その時がきたなら

   豊かな恵みが 溢れるように注がれる
 
   悲しみの重荷を背負っているあなた、

   もうため息をつくことはない

   主があなたのために引き受けてくださる

   天の父のお許しがなければ
 
   誰もあなたに手を触れられない」
 


                 「天国の人」より  
| - | 07:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:19 | - | - |
コメント
何だかジ〜ンときたわ<(_ _)>
| りぼん☆彡 | 2012/06/18 7:52 PM |

胸にスイスイ沁み込んで、蜜が溶けるように心を覆った!

白くまさ〜〜ん&ジーザス!

まいどおおきに(ж^□^ж)ノ
| もこちゃん | 2012/06/18 11:38 PM |

リボンちゃんへ

「天国の人」
 ブラザー・ユン

主は、この本を通して のちに与えられる試練に対してわたしの魂を備え、乗り越える力となった本です。

神に従うということがどういうことか
御言葉と共に生きた証そのものが、内側に迫ってきます。

苦しみさえも賜ったのだということを知り、イエスとともに、この方の御心の中に座す

アバ、父よ、と呼ぶ御子の霊によって、神に聞き従うことの祝福は計り知れない恵みへと扉が開かれてゆく

困難や試練の只中でこそ、御言葉を真に生けることば、力、いのちそのものである事を知る。
どんな中にあっても、イエスご自身を愛するよう、神は助けてくださる。
私たちの弱さを神の強さへと取り替えてくださることを、いのちの中で知る

ハレルヤ!

主は素晴らしいお方ですね

今日も恵み深い主が、リボンちゃんと共にいてくださいますように!



| candy | 2012/06/19 4:35 PM |

もこちゃんへ

コメント、おおきに〜!!

今日ももこちゃんにとって神の恵みは十分だよ〜♪

「主は、私たちの生をすべて手の内に握っておられ、神のご計画と御心以外のことは何一つ、ご自分の子どもたちの上に起きることはありません。」 ブラザー・ユン

 主がもこちゃんの内なる人を強め、キリストの愛の深みへと導いてくださいますように!

| candy | 2012/06/19 4:46 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/738
トラックバック