SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< あなたは私の受ける分です。ということの深さ | main | 感謝(。-∀-)ニヒ♪   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SF映画から 思わぬ恵みに
 娘が面白い映画があるよ、見て!というので早速レンタルしてきた。

SFものだ。

はじめはただのSF映画だと思ってみていた。

途中からとても面白くなるのよ、と娘は言った。

何が面白いのかと見ていたら、全く一緒ではないものの、ところどころ聖書の話と内容が重なった。

もちろん娘は聖書の話に似ているなんて思いもよらずに私に勧めてきたのだった。

他の惑星からある事件をきっかけに王子が地球にやってくるのだが、

力ない人間と同じような弱い者となり、そこで柔和さ従順を学んでいく。

ところがその後、惑星から悪い奴が王の子を殺しにやってくる。

王の子は、町の人を救うために、自らの命を差し出すのだ。

その後、悪者に突き飛ばされて死んでしまう。

ところが、死んだ王の子を父なる王様がよみがえらせるのだ。

今度は王子としての力を身に帯びた者として。

悪いものをやっつけるために、自分の惑星に戻っていくのだが、もう一度必ず戻ってくると、

恋する女性に約束をする。

再び惑星に戻った王子だったが、地球に帰る道が閉ざされてしまう。

地球に残された恋する女性は王子の事を慕い求めて探し続ける。

一方王子も、地球に残してきた娘を思い続けるのだ。

かなりカットして簡単に書いたけど、最後のエンディング後、

悪者がまだ何かをたくらんでいる所で終わる。

どうやら続きがあるのかな?
 


今朝は婚礼の譬えの聖書の箇所を読んだばかりだった。

映画を見終わった後で、面白かったでしょ!という娘に、聖書の話に重なる所が多いこと、どんな所が似ていたのか・・と

聖書は結婚の物語であることなどを分かち合うことが出来た。

今朝読んだ箇所から話しが繋がり、娘に話しが出来て

主の導きに感謝した。

| - | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/717
トラックバック