SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 選挙ポスター | main | あなたは私の受ける分です。ということの深さ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
何気ない日常の中で
 最近は聖書の御言葉について 何か分かち合うわけでもなく

なんの代わり映えのない日常を書くことが多くなった。

神の恵みが無くなったのではない。

むしろ、毎日のように悲しみと痛み、恵みと憐れみ,はこれでもかと言うほど追ってくる。

でもそれを表すふさわしい言葉が見当たらず、ますます書けない のだ。

恵みの深さは、味わうほどにそれを表現する言葉の乏しさを思う。

神の憐れみ、恵みの大きさは、人の思いを遥かに越えている

それでもブログを辞めないで続けられているのは、(本当はもう辞めようといつも思っているのだが・・)

かえって皆様によって支えられている事をいつも思うのです。

なんの変哲もないブログの内容から、どこからそうなるのか分からないほど

神ご自身を感じ取っておられる方がおられること

本当にビックリさせられます。

今まで神を伝えようと なんと自らの力であくせくしてきたことでしょうか。

ただ喜びや悲しみの中で、神がしてくださる事を、恵みを味わっていればいい

注がれたワイングラスから零れ落ちる分が、宣教であり、宣教はハプニングなんだと

どこかで読んだことがありますが、本当にそのとおりなのかもしれません。


私の中でいろいろなことが変わりつつあります。











| - | 16:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | - |
コメント
御無沙汰しております〜(^-^)
仰る事良く解ります。言葉にしてしまうと何だかチープになってしまうようなジレンマに陥ってしまう時が良くあります、私も。

でも伝わって来るから不思議ですね。言い表せないホンワカした思いなど、お料理の写真やあるいはカマキリの写真からでも…(笑)

多分内に住まわれる方が私を通して感じたりしているのかなとか勝手に解釈していますがCandyさんブログもそんな感じでいつも恵みを感じます。

私自身ブログもコメントする事も時間的に少なくなっているこの頃ですが、皆さんのブログを読む度に励まされています。やっぱり少しはコメントしていこうと思いました。

Candyさん、いつもおすそ分けありがとうございます\(^o^)/


| 詩音 | 2012/04/23 7:58 AM |

詩音さんへ

コメントを感謝いたします。とても励まされます。
聖霊は、神が恵みとしてお与えくださっているものを、内に気づかせてくださいますね。それがカマキリの写真であっても・・笑
兄弟姉妹の交わりの中で、共にキリストの恵みを知り、共有しつつ、共に主を崇めるひと時はなんと感謝なことでしょう。

言葉は乏しさを増し、私たちはますます衰え、
内に住まわれるお方との深い交わりがさらに深められてゆきますように。。

マスタードグリーンのお漬物、とっても美味しそうですね!
いま私は新たまねぎの酢漬けにハマっています。食べだすと箸が止まりません。笑
| candy | 2012/04/24 12:37 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/715
トラックバック