SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< イエスキリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです | main | ちょっと一休み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
福音を伝えるということ
 救われていない人を見るたびに、あなたは福音を伝えなければならないと感じます。

あなたは自分の霊を解放しなければなりません。福音を伝えるということは、純粋に外なる人が砕かれ、内なる人が出てきて人に触れることができるということなのです。

あなたの霊が、人の霊に触れると、神の霊が暗黒の中にいたその霊を生かし、その結果、人は素晴らしい救いにあずかるのです。

しかし、もしあなたの霊が外なる人によって束縛されているなら、神はあなたの身に出口がなく、福音もまた、閉ざされてしまったままなのです。

こういうわけで、わたしたちは外なる人を対処することにひたすら注意を集中していなければなりません。もし私たちにその対処が欠けているなら、すべての道理を記憶していたとしても、わたしたちは魂を救うのに無力です。

人を救うということは、わたしたちの霊が人の霊にふれることなのです。

わたしたちの霊が人の霊にふれるなら、その人は神の御前にひれ伏さざる得なくなります。わたしたちの霊がまったく解き放たれるなら、人は確かに救われるでありましょう。

・・・・・

福音がもとの栄光あるものにまで回復するためには、福音を伝えるひとの身に、主は通路を持たなければならないのです。

                 霊の解放より  


福音を伝えるということが、なんと人の業、方法、力、知恵に取って代わってしまっていることでしょうか!

神のいのちが私のうちにふれられることを通して、私をいのちへと引き寄せてくださった

いのちだけが、いのちを生み出すことができる



「救いはもっとも深いもの、霊が霊にふれることであり

語る人の霊が出て光を放つとき初めて、罪びとが神のみ前にひれ伏すのです。これこそ、福音を伝える時に必要な霊なのです」
             
                  W・ニー


 
| ウオッチマン・ニー | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/70
トラックバック