SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< わたしは恐れません | main | ブログにご訪問くださる皆様へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
床が表すもの
 この後、ユダヤ人たちの祭りがあって、イエスはエルサレムにのぼった。


さて、エルサレムには羊門の近くにヘブライ語でべトザタと呼ばれる、五つの回廊のある貯水池がある。


それら〔の回廊〕には病んでいる人々、目の見えない人々、足の不自由な人々、痩せ衰えた人々などが大勢臥せっていた。


そこに一人の人がいたが、彼は三十[と]八年間病のうちにあった。


イエスは、この人が臥せっているのを見、またすでに長い間のことだと知って彼に言う、「健やかになりたいか」。


病んでいる人は彼に答えた、「だんな、俺には水がかき乱される時、池に入れてくれる人がないんでね。俺が行こうとすると、その間にほかのやつが俺よりも先に降りて行ってしまう」。


イエスが彼に言う、「起きなさい、あなたの寝床を担ぎなさい、そして歩くのだ」。


その人はただちに健やかになり、自分の寝床を担いだ。そして歩き出したのである。

ヨハネ5:1〜8


 
 主はこの病んでいる男に「起きなさい。、そして歩きなさい」とだけ言われれば十分だったのではないだろうかと思う。

 しかし、あなたの寝床を担ぎなさい、そして歩くのだ と
主がお語りになられたのには、何も自分が寝ていたところを片付けよ。。とおっしゃったのではない。それには意味があった。

それは床とは、十字架を象徴しているということだ。


イエス様が真にこの男に伝えたかったのは、

寝床を担ぎ、すなわち、あなたの十字架を肌身離さず担ぎ、そしてわたしについてきなさい。十字架の道を歩みなさい、

ということなのである。


 
    


今日は久々に東方面の兄弟姉妹とお電話で交わった

不思議ですね

声を聞くことが出来ただけで、喜びが沸々と溢れてきた

主よ、感謝します。



最近は色々な用事が入ってゆっくりパソコンに向かう時間が減った

家にいる時も、御言葉に向き合い、じっくり味わうことを求め、

御顔を慕い求めるように 御言葉にふれる


ということで、

少し更新ペースがゆっくりになると思います  








 
 

| 御言葉の分かち合い | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/668
トラックバック