SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 素敵な写真を見つけました | main | 嬉しいよ〜〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
曼珠沙華
DSC_0144.JPG
今日は雨になりそうなので、久々にバスで透析へ♪

バス停へ向かう道でみつけた曼珠沙華、赤色はよく見かけるけれど、淡いオレンジは珍しい♪何てかわいいのかしら☆

なんだか得した気分♪

今日も愛する主の御名が崇められますように。

御名が褒め称えられますように。
| - | 08:37 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:37 | - | - |
コメント
candyさん、こんにちは。
お体の調子はいかがですか?
急に暑くなったり寒くなったり1日の中でも気温差がありますので体調が守られますようにお祈りしますね。

曼珠沙華の話をちょうど幼稚園のママ友達と話していました。
赤が多いけど白もあるんだよと聞いて「へ〜、そうなんだ」と思ったんですが今日は淡いオレンジもあることを知りました。
ありがとうございます(*^_^*)
| sheep | 2011/10/05 9:49 AM |

ほお、これが歌にも歌われてる(よね?)花ですか・・・。さすがに神が造られた素敵な花ですね。
| エシュコル | 2011/10/05 10:52 AM |

sheep姉妹へ

こんにちわ.+:。☆(-∀・*)

いつも覚えてお祈りくださってありがとうございます。透析後の倦怠感は相変わらずですが、大きな治療を終えてとても楽になりました。少しずつですが、家事を楽しんでいますよ^^

曼珠沙華、白も素敵ですよね!まれにピンクもあるそうですよ。
たくさん咲いていると本当に美しい花ですね
| candy | 2011/10/05 10:54 PM |

エシュコルさんへ

マンジュ〜シャカ〜 百恵さんの歌、懐かしいですね。

中学生のとき大好きでしたよ。

| candy | 2011/10/05 10:57 PM |

綺麗な彼岸花ですね。

こちらではピンクのモノがバァーって自生しています(キツネノカミソリ?)。
戸隠に来るまで見てなかったので「こんなんあるんや」と思ったものです。

球根で育つのですが、まれに実も付けるらしいです。御言葉に「種をつける草」とあるとおりですね。
球根には毒があるのですが、だから外用薬として庭に植えている人もいるらしいです。私も膝が痛い時があるから植えてみっか。
でも調理法では食べた時代もあったとか?

”彼岸”ってどこか遠くに思いをはせる言葉ですね。

ウンチクみたいになってすみません。
オレンジはしりませんでした。
ありがとうございます。
| 電気屋 | 2011/10/07 6:25 AM |

電気屋さんへ

彼岸花のピンク、とってもかわいいですよね!

膝の痛みにも効くのですか?これは初耳!

実は術後、体のバランスが悪くなり、あちこちに痛みがくるようになりました。

早速調べました♪
根を摩り下ろして土踏まずに張るといいんですね

ちなみに、曼珠沙華の根を加えた樹液シートなる物も発見。

 ちなみに樹液シート↓

  http://www.csg-jp.com/jyueki.htm

 素敵な情報を教えてくださってありがとうございました。
| candy | 2011/10/07 7:30 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/648
トラックバック