SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< ご紹介 「コーリー・テン・ブーム博物館」 | main | 息子のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お祈り感謝します。
   
      

  我が家のすぐ側 氾濫寸前の庄内川

 
 普段の庄内川


 多くの方々にご心配のメール、お祈りを頂き心から感謝いたします。

氾濫一歩手前で、突然雨が小康状態になり、我が家は守られました。

 感謝!

 しかし、多くの方々が浸水の被害に遭われた。私の友人の車も水没してしまい廃車に。

 自然の力の前に、本当に人はなす術もない。

 

 庄内川沿いに長年住んでいるけど、

 こんな風に氾濫しそうになる川を見たのは初めて。

 サイレンがあちこちでなり、パトカーから避難指示が叫ばれた。

 こんなとき何を用意していいのやら、あたふたとしてしまった

 鞄に詰め込み始めたら、わけの分からんものまで詰め込んでた。

 たまたま、この日は息子が体育大会の代休日だった。

 慌てふためいている私は、息子の一言で我に帰った。

     「聖書持ったか?」
 
 
 迫り来る自然の力の前で、まるで自分が嵐に翻弄され、沈みそうな船の上で慌てふためく弟子の姿みたいだった

 昔、神の恵みを多く知れば知るほど、信仰が強くなっていき、揺るがない者になると思っていた。

 ところが、まるで正反対だ

 臆病で、自分を守るすべさえも忘れてしまったかのように、慌てふためいてしまう自分がいる。

 情けないほどに、自分の中に何もない事を思う。

 しかし、何もないと言うことは、内には「与えられるべき大いなる必要」だけがあるということである。

 私には何もなくても、神の御名は、私の必要のすべてに満ちている。

 
 こんな詩がある。


    「人の心のうちには〜

      叫びが

     神の心のうちには〜

     満たしがある 」

  
 岩だぬきが危険を察知すると岩場にさっと身を隠すのは、

 自分を守るすべは自分にはなく、

 岩場である事を知っているからである。
 
 岩だぬきは、見た目ずんぐりむっくりで、体温調節すら自分で出来ないため、早朝や夕暮れは日向ぼっこをし、暑い時は岩場の影に身を寄せ体を冷やす。数十頭の群れを作って生きている。

岩だぬきのように、自分では霊的な体温調節もろくに出来ない。

環境や状況によってなんと左右されやすいものだろうと思う。

自分の力では何一つ御言葉に従うことも出来ず、かえって罪を犯してしまう事を知るだけ。

焼けるような試練の前にも、凍えるような悲しみの前にも

自分ではどうすることもできず、何もすべを持たず、隠れる所がなければうろたえてしまう

傷つけられれば、憎しみに捕えられ、

その人を見ただけで体が硬直してしまうような愚かな存在である。

私の内には、何の善いものがない。


しかし、神は我らの隠れ家、身を避けることができる岩場。

必要が迫るたびに、神の大いなる懐に飛び込むのだ

主は待っておられる。

神の御名は、私の必要のすべてで満ちている

それを知るようにと、あらゆる場合を用いて導いてくださる

主は私のどうしようもない愚かさの内に、

ご自身のいのちの現すところへとしてくださる。


 
  「 救い主は待っておられる

  お迎えしなさい

  心を定め 今すぐ 主に応えなさい

  今まで主は待たれた

  今も主はあなたが

  心の戸 開くのを 待っておられる 」

 
  これは黙示録の御言葉から書かれた賛美であるが、

 今日、今すぐ に、と問いかけられているのは

 クリスチャンに対するものである。
 
 心をキリストのみに定め

 今すぐ、一切を明け渡し、主を迎え入れるようにと

 主は招かれる

 
 イエスがどのようなお方なのかを知る、

 それが永遠のいのち 今味わう、まことのいのち。








 

 

 
| | 06:17 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:17 | - | - |
コメント
は〜い\(^o^)/
| りぼん | 2011/09/22 9:47 AM |

リボンちゃんへ

♪♪v(⌒o⌒)v♪♪
| candy | 2011/09/22 9:59 AM |

candyさん、こんにちは。
ご無沙汰してしまい、失礼しました<(_ _)>
昨日の台風、大変でしたね。
愛知県の被害がものすごかったとニュースで見ていたので心配していました。
危機一髪でしたね。

息子さんの「聖書持ったか」という言葉、なんかとっても励まされたというか、嬉しかったです。
神様と息子さんとの関係をそこに見ることが出来たような気がしました。
ああいう危機的な状況の時に、もし神様との関係が希薄なら「聖書持ったか」とはなかなか言わないというか、思いつきませんからね。

でもほんと、私たちって岩たぬきみたいな存在なんですよね。
読みながら、ほんとそうだなぁ〜ってしみじみ思わされました。

「人の心のうちには〜叫びが
神の心のうちには〜満たしがある 」っていう詩、全くアーメンです。

改めて主に依り頼むことの大切さを教えられました。

体調は如何ですか?
こういう体調の中での嵐の騒ぎ、お体にさぞ負担がかかったことでしょうね。
でも、髪の毛もまた再び生えてきて、そういう一つ一つが嬉しいですよね。
主がcandyさんを更に励まし、完治するよう、そしてこういう状況の中でも主の恵みの内に安息出来るよう、主の平和で満たされるよう、お祈りしています。
| みのみの | 2011/09/23 12:05 AM |

「聖書持ったか?」
アーメン 素晴らしい一言です
神が言わせる一言は 言った人の未来をも予告します ハレルヤ!
| イチゴ | 2011/09/23 12:39 AM |

みのみのさんへ

こんにちわ!コメント、とっても嬉しいです.+:。☆(-∀・*)何時もご心配とお祈りを頂きありがとうございます。

本当にすごい雨でしたよね。
東京方面は直撃コースでしたが、みのみのさんのところは大丈夫でしたか?

>神様と息子さんとの関係をそこに見ることが出来たような気がしました。
ああいう危機的な状況の時に、もし神様との関係が希薄なら「聖書持ったか」とはなかなか言わないというか、思いつきませんからね。

息子の一言は、私にとっても励ましになりました。荷物が一杯で何処に入れていこうか迷っていたら、「俺がもって行ってやる」といってくれました。
とても嬉しかったです。

私の体調も覚えてくださり感謝します!

そうなんです^^髪もつまめるほど伸びてきて、なんだかとっても嬉しくって^^掃除や洗濯、お料理をしたりと、なんだか
当たり前のことがとてもキラキラとして見えてきます。

体調もとても落ち着いていて以前よりもとても楽になりました!
本当にお祈り感謝いたします。

台風が過ぎ、急に涼しくなりました。
みのみのさんの体調も守られますように、そして、
放射能の影響からも守られますように
イエス様を仰ぎつつお祈りしています。

| candy | 2011/09/23 6:48 AM |

イチゴねえちゃんへ

今回の大雨騒動の中で、神が私に下さった何よりの恵みでした。

息子の一言はいつまでも心に響いています。

今日も霊の内に御言葉を携えつつ歩まん♪

 
| candy | 2011/09/23 6:54 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/643
トラックバック