SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 主人の誕生日 | main | お祈り感謝します。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ご紹介 「コーリー・テン・ブーム博物館」
 オンラインにて、コーリー・テン・ブームを知る(神の知る)旅に出られます。

コーリー・テン・ブームの本をすでにお読みになった方も、まだ知らない方もぜひ、見、聞いていただきたいサイトです。

一場面ずつお話を聞いたら、矢印(ツアーを続ける)をクリックすると次の場面へと変わってゆきます。

コーリーの自宅の部屋、そこに飾られている写真や絵などの説明も、クリックすると見られます。また、カーソルを動かすとぐるりと部屋の内部、または景色を360℃見回すことができます。

ぜひ、お時間を割いていただいて、じっくりと聞き、見、神の恵みに触れていただきたく思います。



  コーリー・テン・ブーム博物館(全19話)

 http://www.tenboom.com/ja/

  
以下は作者不詳の詩であるが、

コーリー・テム・ブームが好んで引用していることから広く知られるようになった。


  わたしのいのちは神とわたしの間の

  織物にすぎない。

  わたしは色を選ばず、

  神がたゆまず働き給う。

  時に神は悲しみを織りなし、

  わたしは愚かな誇りで忘れる、

  神は表を見、わたしは裏を見ることを。

  機(はた)が静まり、杼(ひ)が飛び交うのを止めるまで、

  神は布を広げて、なぜなのかお語りにならない。

  暗い色糸も、巧妙な織り手には、

  金糸銀糸と同じく、

  神のご計画の模様に必要なのである。



 「わたしの生涯の糸は、しばしばもつれかけたが、信仰によってわたしは、刺繍の表は冠であることを知った。主のための放浪者として、わたしは世界を歩き、神の大きな教室で、いくつもの教訓を学んだ。・・・」(コーリー・テン・ブーム)



| おすすめ | 10:34 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 10:34 | - | - |
コメント
テン・ブーム一家の事を紹介して下さり、ありがとうございます。
すべて見させていただきました。
本当に素晴らしい家族ですね。
一家はオランダ人なのでしょうか。
それともユダヤ系オランダ人なのでしょうか。

どちらにしても、キリストの愛を、聖書を実践している事に脱帽です。
| エシュコル | 2011/09/19 11:15 AM |

エシュコルさんへ

テン・ブーム一家はオランダ人ですね。

「地の果てにまで、わたしの証人となります」使徒1:8

キリストの証人として歩むことの模範を彼女の内に見、本当に多くを教えられますね。
| candy | 2011/09/20 8:30 AM |

先日クマ郎さんの記事でコメントされたガラテヤ1:16の箇所ですが・・・私のリンク先にあるダビデさんに本当かどうか確認の為に訊いてみました。

>この語は本来「προσ=方に」と「ανα=上に」と 「τιθημι=私は置いた」と言う意味です。

ここまでは正しいのですが、この方の解釈には2つ問題があります。

一つは、「肉と血」は人間を意味します(マタイ16:17、エペソ6:12)。いけにえではありません。ガラテヤ1:16も、マタイ16:17とまったく同じ表現です。

もう一つは、上記の動詞は、「私は(自分またはそれを)〜の上に置く」という意味です。

この方は、この動詞の後ろにある「肉と血」(人)を置いたと解釈していますが、そこの部分が間違っています。

ガラテヤ1:16の場合は、「私は(自分自身あるいは、私に示されたことを)人の上には置かず・・・」=「私はそれを人には持っていかず・・・」となります。

なので、「相談」と訳すのが正しい訳です。

との事なので、お知らせ致します。
尚、クマ郎さんには知らせてあります。
| エシュコル | 2011/09/22 7:26 AM |

エシュコルさんへ

わざわざ聞いてくださったのですね。そして、知らせてくださってありがとうございます。

見聞きした事をよく吟味すること、を忘れてはいけませんね。
悔い改めさせられました。
感謝いたします。

| candy | 2011/09/22 9:49 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/641
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/07/16 8:04 PM |