SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 干からびた骨・・No,2 | main | 干からびた骨・・No,4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
干からびた骨・・No,3
 . かたちの形成(3-8 節)


ドライ ボーンズ(dry bones)、干からびた骨、これは最早、生き返る希望のない亡国の民イスラエルを象徴するものでした。呼びかけても何の反応もありません。聞いても行なわない。
無気力で無関心な同胞、彼らは全く枯れた骨であり、生きているというのは名ばかりで、ただ
存在しているにすぎないとの感をエゼキエルは深くしていました。

3 節「主は私に仰せられた。『人の子よ。これらの骨は生き返ることができようか。』
私は答えた。『神、主よ。あなたがご存じです』」。いくら働きかけても無駄であることは
「主なる神よ、あなたが一番良くご存じではありませんか」という意味も込められているように思えます。

神の御言葉は力です。神は御言葉によって天地を創造されました。御言葉は天地を創造する力であり、未来を創造する力です。神の御言葉は種と同じです。御言葉の種を蒔く時その種が
現実になります。「光があれ」と語られた時、光が創造され、太陽も月も御言葉によって創造されます。

神は谷間の干からびた骨を救うためにエゼキエルに語られました。干からびた骨に向かって預言せよと命じられました。4節「これらの骨に預言して言え。干からびた骨よ。主の
ことばを聞け」。5 節「神である主はこれらの骨にこう仰せられる。見よ。わたしがおまえたちの中に息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る」。6 節「わたしがおまえたちに筋をつけ、
肉を生じさせ、皮膚でおおい、おまえたちの中に息を与え、おまえたちが生き返るとき、おまえたちはわたしが主であることを知ろう」。
神の人間に対する対し方はいつもこうであります。

人間にとってもう駄目だというところから神は何かを始められるのです。

「人の終止符・ピリオドは、神の句読点・コンマです」。

人間にとってはピリオド・終止符であっても、神はそれをも
って新しい何かを始めるコンマ・句読点となさるのです。
「人のピリオドは神のコンマです」。
聖書はそうした記事で満ちています。アブラハムは99 歳、サラも90 歳くらいで、二人には子
供が与えられることは全く考えられないことでしたが、神は100 歳のアブラハムに息子イサク
をお与えになりました。神は奇蹟的な歴史を創造することが出来ます。
色々な難しい局面、絶望的な状況にあっても、そこから何かを始められる神の御手を信じて、
次の一歩を踏み出せるかどうかということが、信仰があるか否かに繋がっていくことなのだと思わされます。

7,8 節 神の命令を受けエゼキエルが干からびた骨に預言した時、骨が動き、甦り始めました。
驚くべきことです。

神の御言葉が臨む時、干からびた骨が甦り、骨と骨が互いにつながって筋がつき、肉が生じ、皮膚がその上をおおいました。

神は御言葉に従う人を用いられます。ルカの福音書5 章4,5 節でガリラヤ湖で一晩中働いて
も、魚一匹もとれなかった時、主イエスはシモン・ペテロに4 節「深みに漕ぎ出して、網をお
ろして魚をとりなさい」と言われました。するとシモンが答えて言いました。5 節「私たちは、
夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょ
う」。この大いなる「でも」「しかし」を発することが出来るかどうかが、信仰の分岐点です
| 書きとめておきたい言葉 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/64
トラックバック