SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< エゼキエルが立たされた場 | main | 干からびた骨・・No,3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
干からびた骨・・No,2
1 節「主の御手が私の上にあり、主の霊によって、私は連れ出され、谷間の真ん中に置かれ
 た。そこには骨が満ちていた」。

この谷間には、栄光の輝きはありません(エゼキエル書3 章
22,23 節)。ただ累々たる干からびた骨の堆積があるのみでした。1 節には契約の神「主」の名
が二度繰り返され、主の臨在がこの谷間の真ん中にもあったことを示しています。

主は捕囚の地、谷間にあっても、ご自分の民を契約の故に覚えていて下さるのです。「谷間」は定冠詞が付いているので、エゼキエル書3 章22 節の「谷間」と同じ所です。

その谷間はエゼキエルがいつも主との交わりを持った場所です。そこには多くの干からびた骨がありました。
干からびた骨は11 節から分かるようにイスラエルを指します。人々はどんな事態になっても、
エルサレムの神殿がある限り、望みがあると考えていましたが、今やその神殿もネブカデネザル王の手で破壊されてしまった。
もはやイスラエルは干からびた骨のようだと感じていました。

2 節「主は私にその上をあちらこちらと行き巡らせた。なんと、その谷間には非常に多くの
骨があり、ひどく干からびていた」。

その谷間は古戦場でもあったのでしょうか。白骨が累々と散らばっている所でした。

ひどく干からびた人骨が散在しています。これほど絶望的な場所は
ありません。その荒涼とした状況の中でエゼキエルは幻を見させられるのです。

墓で幻を見るとは象徴的です。神はエゼキエルに言われました。

エゼキエル書37 章13 節「わたしの民よ。わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から引き上げるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう」。

確かに深い意味で「墓場のある所にのみ復活がある」
のです。
呑気な生活には墓場はありません。しかし復活もまたないのです。最も絶望的な死の
状況において、死人の甦りの幻の中に見るのです。これが信仰者の現実です。
私は本当の信仰の人間的基礎は、苦境における絶望ではないかと思います。

                  リビングライフより
| 書きとめておきたい言葉 | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/63
トラックバック