SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 多くの不一致 | main | 炭酸水はいいよ〜d(ゝ∀・*) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
主の憐れみ
皆様、いつもお祈りくださってありがとうございます。

放射線治療も、後残す所8回 

もう少しです〜.+:。☆


神の憐れみによって毎日の通院が守られていることを感謝します。

神様はすごいんですよ

はじめ、この通院のために、家を出てから病院の駐車場に入るまで

一時間半はかかりました。

病院までの道のりは30分程度なんですけど、駐車場に入るために毎日一時間並ばなければ

入れなかったのです。

夜間透析したすぐ次の朝、この一時間の渋滞は結構体に負担で、途中気分が悪くなってしまうこともありました。


ところが、

この時期に合わせるかのように、第二駐車場の建設が始まり、急ピッチで工事が進められ

あれよあれよという間に、出来上がったのです。

もうこれで毎朝1時間余分に並ぶことなく、すんなりとは入れるように!!

神様の深い憐れみを心から感謝しました。


まるで特別扱いをされているかのようです。

ただ、ただ神の愛を褒め称えます。


 「主は道を造られる方」

 この病を通して豊かに神が教えてくださっていることです


 主を知ることは永遠のいのち

 病を通してでさえ、主を深く知る

 ならば、病さえもその道具に過ぎない

 主の恵みの栄光を褒めたたえることができる

 私の神、私の主!

 と心から仰ぐ。

 それを知る喜び!


  取り成してくださるイエス様の祈りの中で今生かされている

 そして、イエスが執り成してくださっている祈りとひとつとなって

 祈ってくださっている兄弟姉妹に支えられている

 それらの方々とともに、御父をあがめる

 そのことを通して、
 
 私たちの内には、歓びが満ち溢れる! ハレルヤ! 

 
 











| | 12:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:13 | - | - |
コメント
そうだったのですか 主は駐車場を造られた・・
本当に 苦難の大きさも多さも その向こうにある恵みの途方も無い大きさも 特別扱いであると思います。私にも主は 家から見える場所にスーパーとコンビニを作ってくれました。でも こういうのは一部 見えるものは僅かですね。今日 大きな発見があったのに すぐ後で心を煩わせていました。今 再び戻ることが出来ました。感謝! 
| イチゴ | 2011/08/01 6:47 PM |

ハレルヤ!
いつもこのブログを拝見し、本当に励まされます。
私自信は弱く、小さな存在であると気付かされます。また祈りを通して主の偉大さを痛烈に感じます。
主イエスキリストは救い主です。
共に主を預かりましょう。
| Golden Eagle | 2011/08/01 10:37 PM |

イチゴ姉ちゃん

そうなんです!主は駐車場まで用意してくださいました。

おかげで今は通院がとても楽になりましたよd(ゝ∀・*)

治療が終わったらぜひゆっくりお会いしましょう!

| candy | 2011/08/02 6:13 PM |

Golden Eagleさんへ

はじめまして^^いつもブログを訪問してくださってとっても嬉しいです。ありがとうございます。

>主イエスキリストは救い主です

アーメン!アーメン!

これからも、キリストの奥義の幅、長さ、高さ、深さがどれほどであるかをすべての聖なる者たちと共に把捉し・・・てゆきましょう!
| candy | 2011/08/02 6:19 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/613
トラックバック