SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 真っ白な | main | 後20回 (。-∀-)ニヒ♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レンブラント展


会場:名古屋市美術館
会期:2011年6月25日(土)-2011年9月4日(日)
開館時間:午前9時30分 - 午後5時、金曜日は午後8時(入場は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(ただし7月18日(月祝)は開館、7月19日(火)は休館)
公式HP:
http://www.ctv.co.jp/event/rembrandt/


 
レンブラントが生涯を通じて取り組んだ銅版画を中心に、
油彩、素描など107点を公開中


 「放蕩息子の帰郷」。《羊飼いへのお告げ》、《3本の木》、《石の手摺にもたれる自画像》、《病人たちを癒すキリスト(百グルデン版画)》、そして今回の目玉である《3本の十字架》と《エッケ・ホモ(民衆に晒されるキリスト)》など・・・が展示されているらしい・・

気分は美術館、体は名大へ^^

再びヘンリーナウエンの本を手にいざ、

行ってきま〜す!

 
 
| おすすめ | 07:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:59 | - | - |
コメント
ナウエンさんの「放蕩息子の帰郷」は
私もお気に入りの本の一つです。
一つの事をあんなに突き詰めて物事を考えるってすごいです。
| ワッフル旦那 | 2011/07/09 5:25 PM |

ワッフル姉妹の旦那さまへ

おぉ〜!「放蕩息子の帰郷」お読みでしたか!嬉しいです。

レンブラントの絵から、あのような深い洞察が与えられたことに、驚きをもって読みました。

ナウエンさんの本から教えられることは非常に多いですね。
| candy | 2011/07/10 7:57 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/604
トラックバック