SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 超かわいくないですか? | main | みどりのまきばより >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
身動きできない祝福
 イエェイ 

 抗がん剤4クルーすべて終了いたしましたぁ〜

 うれしいですぅ

 
 お祈りくださった皆様に感謝いたします。

 
 御言葉なる主に触れながら、投与の時間を過ごす

 
 感謝です。


 透析中も化学療法を受けているときも

 鉄格子のような柵はないけれど、身動きできない祝福がある

 何もすることが出来ない時間を通して

 語りかけてくださる御声を感じたことが幾度もあった

 天井を見つめながら、涙するほかないほど

 主の憐れみに触れることもある

 罪を示される時もある。

 御言葉の真理に触れ、力に満たされるときもある

 悲しくて泣いたこともあれば、どうしたらいいですか??と主に尋ね求めるときも・・・。

 祈っているときばかりでもなく、祈れないときもある。

 疲れて爆睡してしまうことだっていっぱいある。

 でもすべて主の御手の中、主が共にいてくださる床の上

 なにより、私を必要な唯一つのこと、

 御声に耳を傾ける一番よい場所へと導いてくださったのだと心から思う

 私の弱さを、神はご自身の強さに取り換えてくださる

 
  
   ハレルヤ!


   

   「神の恵みは私には充分であり、

 神の道は私たちの道よりはるかに気高い。

 私たちは神に服従し、

 神が起こることを許されたすべてのことを

 受け止めなければならない。

 平安なときもあれば、

 苦しみと迫害のときもある。

 神の望む器に私たちが形造られるために

 その両方が主から与えられるのである。」

           ブラザー・ユン

 

 

 

 
 
| | 19:19 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:19 | - | - |
コメント
4クルーのご無事でなされた事
私どもも喜びをもってよませていただきます。
全ては主の御手のうえとはいえ、主の恵みと憐みなしではひと時も平安を得ない世に有って変わらず主を賛美できる特権を共に感謝いたします。
先人の多くが牢獄などの中で、そこに入る以前より主の多くの働きが出来た事が、誠の主の働きと認めざるを得ません。
器は火で焼かれる前ならばどんな形にもなれますが、自分の思い通りに動いているだけならば高貴な方の屋敷の中のお気に入りでの使い道には適さない事だと思います。
ですからこそ、熟練された陶器師であるお方の御手に委ねる事が大事なのでしょう。
もろい土くれが”白い金”とも言われた陶器になり錆びる事もないものに造りかえられるその時を私も共に待ちたいと思います。
どのような快よい楽しみの中にあっても主が共にいなければそれは空しい。
主の声を聴くことが出来る場所こそ至聖所なのでしょうし、大胆にそこに入れる特権は素晴らしい。

どうぞ主が私達弱い者達に強さを
畏れのある所に平安を
争いのある所に平和を
絶望の夜に希望の朝焼けの光を
憎しみのあると所に愛を
豊かにあたえてくださいますように
| ワッフル旦那です。 | 2011/06/03 6:05 AM |

おめでとうございま〜す。いつもより多く祝福の言葉を言わせていただきま〜す。(あれ、どこかで聞いた様なセリフ? 笑)
ブログに書けない、色んな事がありますよね。そんな中にあっても変わらない主の恵み、憐れみ、そして兄弟姉妹の祈りは、何ものにも変える事の出来ないもの。
ただただ、主の御手の中で起きる様々な事を委ねる事しか出来ないけど、主が私達を練り上げ御名を褒め称える様にされて下さる。
主は褒むべきかな、永遠に生き、主を礼拝し、主と交われるこの特権を主に感謝し、崇め讃えます。
更に益々candyサンを通して、主の香りが自然と放たれます様に。
candyサンをはじめ、ブログを通して多くの兄弟姉妹と出会わせ、主のそれぞれの場面を見させて下さり、本当に主の御名を讃美し感謝します。
| エシュコル | 2011/06/03 10:34 AM |

ワッフル姉妹の旦那様へ♪

主が私たちの間に住まわれていることを心から感謝いたします。

>熟練された陶器師であるお方の御手に委ねる事が大事なのでしょう。

アーメンです。

委ねる、土くれが陶器師の手にまったくなじむまで、大もみ → 荒練り → 菊練り と繰り返されるように、幾度もその手の中で練られることが必要でしょう。

その土くれの状態をその御手の中ですべて知っていてくださり、最善の所へと導いてくださる、本当に感謝です。


「あなたは若かったときには自分で帯を締めて自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし,ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」ヨハネ21:18
この御言葉の中に本当の実りが隠されているように思います
実りはいつでも死を通して結ばれるように、
私たちの内に限界がやってきたときこそ、神の無尽蔵のいのちが注ぎ込まれることを知らされる、十字架の奥義ですね。

 
 力を捨てよ。と言われる方が、すべてを手放さずにはおられない所に連れて行ってくださる、これは素晴らしい恵みです。

そこまで追い込まれることがなければ、なんと自分は手放すことができない者だったかと
しみじみ思います。

 
 
| candy | 2011/06/05 6:20 PM |

エシュコルさんへ

お祈りをありがとうございました。
そして祝福の言葉を感謝いたします。(ノω・、) ウゥ・・・
主は素晴らしいお方!すべての治療の中でただ主の憐れみと恵みを注いでくださったこと
、主が共に居てくださることの素晴らしさを
知らされ、主の栄光を褒め称えます。

まだ治療は続きますが、置かれているその場所で、弱さもひっくるめて御手に委ね、主を心から拝してゆきたいと思います。

共に主を褒め称える恵みを備えてくださる主、いのちの恵みが今日もエシュコル兄に豊かにありますように!
| candy | 2011/06/05 10:45 PM |

candyさん、抗がん剤、無事に終えましたね。
本当におめでとうございます。
あぁ、主は素晴らしいですね♪
読みながら主の素晴らしさを感じました。

「身動き出来ない祝福」

何も出来ない状況の中での主の励まし、主の愛、主の恵みが溢れるばかりに注がれ、この一時は至福の時だったんだなぁって読みながら感じました。

癌という大きな大きな岩を前にして、主はcandyさんの内でご自身の平安、主の平和で満たし、「娘よ、安心しなさい。私がすべてを治めるのだ」って語られているように感じました。

すべてをご存じであられ、すべてを治めておられる主、このお方の御手の中ですべてをお任せしている状況が目に浮かぶようでした。

でもほんと、透析と抗がん剤治療、人間的に見ると本当に大変で苦しいと感じます。

でも主はそういうこともすべてご存じであられ、この状況の中でご自身の御手で守られたんですね。

この後の治療のため、完治し、再発からも守られるように引き続きお祈りしています。
| みのみの | 2011/06/06 11:22 PM |

みのみのさんへ(。ゝ∀・)ゞ

主の栄光を褒め称え賛美いたします!

今まで祈りをもってお支え下さったこと、本当に感謝いたします。

ひとときたりとも主の守りなくして過ごすことができないのと同じように、皆様のお祈りを通して力づけられ、励まされてきたことを深く感じております。

はじめは透析をしながらのがん治療は不安一杯でした。癌の大きさゆえに、転移、死を覚悟したこともありました。
しかし、そんな恐れの塊のような私を主は決して見捨てることなく、一切を手放すように導いてくださいました。主は本当に素晴らしいお方です。
ほんの一歩踏み出したに過ぎない私に、溢れるほどに充分にお応え下さっただけでなく、必要の一切を備えてくださいました。
私にとってすべてを手放すことは、とても大きなことでしたが、手放したとき、
「あぁ、もっと早く手放していればよかった。何でこんなに恐れていたんだろう。」って思うほど、自分は何て愚かなんだろう。と、つくづく感じさせられています。

まだまだ愚かさ残る私ですが、このような私でも主の導きは完全で、私にとって思いがけなく起こって来ることでさえ、主の中には想定外ということは決してないこと、主を拝する思いへと引き上げてくださり、主がすべてをしてくださることを、喜びを持って待ち望むことができることは、なんと素晴らしいのでしょう。

多くの兄弟姉妹と共に分かち合うことでさらに主が褒め称えられることを感謝いたします。
みのみのさんに主の豊かないのちの喜びが内側から湧き上がり、溢れ、多くの方々へと流れて行きますように、主を拝しつつお祈りいたします。
| candy | 2011/06/07 8:39 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/574
トラックバック