SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 主は癒し主 | main | なんて美しいのでしょう! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最後の者だと、わかった
 
「天の御国は、自分のぶどう園で働く労務者を雇いに朝早く出かけた主人のようなものです。

彼は、労務者たちと一日一デナリの約束ができると、彼らをぶどう園にやった。

それから、九時ごろに出かけてみると、別の人たちが市場に立っており、何もしないでいた。
そこで、彼はその人たちに言った。『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい。相当のものを上げるから。』
 

彼らは出て行った。それからまた、十二時ごろと三時ごろに出かけて行って、同じようにした。

また、五時ごろ出かけてみると、別の人たちが立っていたので、彼らに言った。『なぜ、一日中仕事もしないでここにいるのですか。』
 

彼らは言った。『だれも雇ってくれないからです。』彼は言った。『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい。』

こうして、夕方になったので、ぶどう園の主人は、監督に言った。

『労務者たちを呼んで、最後に来た者たちから順に、最初に来た者たちにまで、賃金を払ってやりなさい。』

そこで、五時ごろに雇われた者たちが来て、それぞれ一デナリずつもらった。

 

最初の者たちがもらいに来て、もっと多くもらえるだろうと思ったが、彼らもやはりひとり一デナリずつであった。

そこで、彼らはそれを受け取ると、主人に文句をつけて、

言った。『この最後の連中は一時間しか働かなかったのに、

あなたは私たちと同じにしました。私たちは一日中、労苦と焼けるような暑さを辛抱したのです。』

しかし、彼はそのひとりに答えて言った。

『{友よ。}私はあなたに何も不当なことはしていない。

あなたは私と一デナリの約束をしたではありませんか

自分の分を取って帰りなさい。ただ私としては、

この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。 」


   マタイ20:1~



  
   この箇所を読むたびに、何か公平ではないような思いがしていたことがずっとあった

 何か自分が朝9時ごろから働いたのにも関わらず、一番最後に来た人と同じ賃金を渡されたかのような不満を抱いているかのようだった。

 でも、この箇所を先日、久しぶりにメッセージで触れた。

 ところが、自分の中には、もう先に来て働いていた人々ではなく、

 一番最後の者、朝から働いた人たちと同額をもらう資格もないものが、

ぶどう園の主人の一方的な恵みによって同額の賃金をいただいたに過ぎない、

自分がそういうものであることを

パズルのピースがピタリとはまるような思いで、、最後の者であったことが、わかった。

神の前に、自分はどういうものであると思っているのか、それを映しだす鏡のようなたとえ話だなぁとつくづく思わされた。




最後の者であるゆえに、資格のない者に注がれる愛に触れ、

最後の者であるがゆえに、 ぶどう園の主人の憐れみがただ、ただ、うれしくて・・

ただ憐れんでくださった方に、感謝するしかない者であることを知りました。


 
 「 この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです」


 あぁ、 主よ、・・・ありがとうございます。

 

 
     

| 御言葉の分かち合い | 11:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:17 | - | - |
コメント
アーメン!
わたしも午後5時に雇われた労務者であることを実感しています。
また、「通りや小道で無理やり連れて来られた」物であり、放蕩息子でもあります。
目を覚ましていなさいと言われている御言葉が、特に光ってわたしを御言葉に釘付けにしています。

つねにパリサイ人ではなく、徴税人のごとく、胸を打って、主の憐れみを求めることに努めたいと思っています。
| ペリカン | 2011/02/08 9:51 PM |

ペリカンさんへ

こんにちわ!

あぁ、主よ感謝します! 

こころの内側から最後の人に過ぎないとわ・か・る、
ただ、主の恵みによって導かれるのでなくて、どうして悟り得ましょう!

さらにさらに、私たちを御前でへりくだらせてくださいますように!

| candy | 2011/02/09 7:23 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/492
トラックバック