SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 傷の処置の常識は実は思い込み | main | 壊疽!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
礼拝へ
 
 今朝は娘の運転で、名大へ行き、

 時間外診察で傷のパッドを交換してもらい、

 その足で久々に教会へ。

 礼拝を捧げる、本当に嬉しいですね!

 もちろん礼拝はどこにいても捧げることができる

 どこででも、いつでも、台所ででも、床の上でも

 ・・あの山でも、この山でもなく

 霊とまことによって父を礼拝するのは、

 生きている生活の場のまっ只中で

すべてのことを通して父を礼拝する。

 
 だから、兄弟姉妹と共に集まり、

 捧げる礼拝が、なお喜び増し加わり

 愛しい

 主が とこしえの祝福を命じられているゆえに

 恵みが溢れているのである




  
「見よ、兄弟が共に座っている。

なんという恵み、

なんという喜び。

かぐわしい油が頭に注がれ、ひげに滴り

衣の襟に垂れるアロンのひげに滴り

ヘルモンにおく露のように

シオンの山々に滴り落ちる。

シオンで、主は布告された

祝福と、とこしえの命を。」  詩篇133


  

  キリストのいのちの恵みを

 共に受け継ぐようにと

 引き寄せられた体の肢体

 共に座っている、という言葉が、

 なんとしっくりと、そして、

 心地が良いのでしょう

 共にいるということそのものが喜びに溢れ、

 キリストが幕屋を張られているゆえの

 安息がそこにある

 お互いの足らなさが、

 交わりを妨げることにならず

 むしろ、主が結び付け、

 ひとつの中に座らせてくださるからだ


 
   
  私たちをキリストの愛から引き離すものは、

  何もないように、

  キリストによって一つにされた交わりを

  引き離すものは何もない。

  
  ハレルヤ!


 

 
    
 

  

    
 

  


 

 
| - | 21:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/01/31 5:17 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/01/31 5:34 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/482
トラックバック