SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 赤い雌牛の灰 | main | ウオッチマン・ニー シリーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
神は真実で正しい方

「もし私たちが自分の罪を言い表すなら、

神は真実で正しい方ですから、
 
その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめて下さいます。」

 汽茱魯唯院В

もし私たちが罪を犯したことを知り、またそれを告白するなら、神は私たちの罪を赦しすべての不義から私たちをきよめて下さいます。

彼はご自身の御言葉に忠実であり、ご自身のみわざに対して儀なる方であり、ご自身の約束に忠実であり、十字架上でのご自身の御子の贖いのみわざに対して義なる方です。

彼はご自分の言ったことゆえに赦す以外の何もできません。贖いのみわざゆえに彼は赦さねばなりません。彼の忠実さと義のゆえに彼は私たちの罪を赦し、すべての不義から私たちをきよめて下さいます。

ウオッチマン・ニー





 
主は真実で正しい方ですから、・・

という御言葉に思いを寄せています。

「彼はご自分の言ったことゆえに赦す以外なにもできません」

 主が赦してくださるのは、私の何かによらないということは、なんという希望でしょうか。

自分の何かによらない、これは本当に解放です。

畳を打ちたたいて自分の罪を悔いたから赦されるのではありません。
またそうしなかったから赦されないのでもありません。
またもう二度としないと約束したから赦されるのでもないのです。



ご自身が語られた言葉のゆえ

御子が成し遂げてくださった贖いのゆえに

流されたその血潮のゆえに

「赦す以外何もできない」

なんと真実な方でしょうか

赦すほかできないという無力さの中に現された深い愛

なんというへりくだりに満ちた神の憐れみでしょう。

これ以上なんと表現したらよいかわかりません。

私たちが犯してきたこと、背いてきた罪にかかわらず、

神ゆえに、すべての悪からきよめてくださるのです。

神の御心の内にある深い憐れみに満ちた赦し

それはあの放蕩息子が再び家に帰ってきたときに示した父親の姿を思い起こさせます。

腸のちぎれる思いで息子の首をかき抱いて抱きしめたあの父の姿です。

あの父の姿こそ、私たちに向けられた御顔

父の中にはもう赦しのほか何もありませんでした。

その赦しに満ち満ちた御姿に

触れること

真の自由はそこにあるのです





 

| ウオッチマン・ニー | 22:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |
コメント
こんにちは(^-^)

テンプレート、とってもいいですね。
まん丸な満月と紅葉、見てるだけで和みますね。

>「彼はご自分の言ったことゆえに赦す以外なにもできません」

⇒主の赦しの恵み、大きさにただただ感謝ですね。
主の赦しの大きさを感じますね。
そう、放蕩息子を思い出しますね。
あのお父さんの赦しの姿、あれこそが主のなされたこと、この赦しに満ちた主に触れて、ご自身の中に憩いを得ていきたいです。
| みのみの | 2009/09/15 7:41 AM |

みのみのさんへ

ありがとうございます!素敵なテンプレートにちょうどぴったりな紅葉のパーツを見つけて感激しています。深まってゆく秋を思う恵みに感謝です。

父の赦しの姿、本当に大きな懐に包まれているんだなぁ〜って思わされています
^^
主の甘さ、本当に心満たされますね
| candy | 2009/09/15 12:00 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/47
トラックバック