SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 主を思う夜 | main | 神は真実で正しい方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
赤い雌牛の灰

「もしやぎと雄牛の血、また雌牛の灰を汚れた人々に注ぎかけるとそれが聖めの働きをして肉体をきよいものにするとすれば、

 ましてキリストの傷のないご自身をとこしえの御霊によって神におささげになった血は、どんなにか私たちの良心をきよめて死んだ行いから離れさせ、生ける神に仕える者とするでしょう。」

   へブル9:13,14

 
 13節の雌牛の灰

 これは民数記19章にそのことが詳しく書かれてあります。

 今日触れたニーのメッセージで、はじめて雌牛の灰の意味を知りました。

 聖書の中でのささげものはみな雄牛や雄羊ですがここは例外。雌牛なのです。

 そして聖書では性にはそれ相当の意義があり、真理と証に属するものはみな男性によって代表され、経験といのちについて語る者はみな女性によって象徴されるそうです。

 赤い雌牛は屠殺された後、その血が会見の幕屋の前に向かって七度振り掛けられました。これは神に血がささげられたことを示します。

 「その雌牛は彼の目の前で焼け。その皮、肉、血と汚物とともに焼かなければならない」5節

雌牛全体が焼かれます。

 「祭司は杉の木とヒソプと、緋色の糸をとり、それを雌牛の焼けている中に投げ入れる」6節

 杉の木とヒソプとはこの世。全宇宙を代表するそうです。

 つまり、象徴的に全世界が赤い雌牛とともに焼かれたのです。

 緋色はイザヤ書に「たといあなたがたの罪が緋のように赤くても」とあるように、私たちの罪を代表しています。

 言い換えれば、全世界の罪が、神にささげられたこの雌牛とともに焼き尽くされたのです。

 この予型において私たちは十字架の描写を見ます。彼はご自身とともに十字架へと私たちのすべての罪、全世界の罪を道ずれにしました。大きな罪、小さな罪、昨日のつみ、今日の罪、明日の罪、みな含まれています

 さて、いよいよ雌牛の灰です。

 灰は焼いた後にのこるもの。赤い雌牛が焼かれて灰にされ集められて保存されました。(民数記19:9)

保存された灰は、イスラエルの人たちが汚れた物に触れて罪を犯したとき、彼の上に注いでくれる祭司のところに行って罪を清めてもらうために取っておかれたのです。将来の日の多くの汚れを清めるためのものなのです

聖書において灰は、物質の基本単位として用いられています。灰は最終的な形態の単位であり、それ以上還元されない単位です。それは不変であり、不朽です。それらはさびたり、腐敗したりしません。それは最も持続するものであり、究極的です。赤い雌牛が焼かれて灰になることによって、予型された主のあがないの御わざは恒久的な、不変的な状態を啓示します。

主が私たちのために備えてくださったあがないは変わり得ず、汚れえず、朽ち得ないこと

雌牛の肉、皮、血は腐敗しますが、それらが灰になったら腐敗しません。それゆえ、私たちの購いは永遠に有効なのです。

「赤い雌牛の灰は将来のためと同様に今日用いられるため完成された十字架上のみわざを代表しています。私たちは、赤い雌牛は一度焼かれて灰となって、私たちの生涯にわたるすべての必要のために十分であると、宣言します。主イエスの購いが十分であると宣言します。主イエスの購いが十全であることのゆえに神に感謝します。私たちはよりいっそう彼の死が、真にわたしたちのすべての罪を償うものであるのを見るにいたります」

   ウオッチマン・ニー

これが 「雌牛の灰を汚れた人々に注ぎかけると、それが清めの働きをして肉体をきよいものにするとすれば・・・」の意味です

 被造物である、雌牛の灰ですらそのような働きがなされたとすれば

「キリストが傷のないご自身をとこしえの御霊によって神におささげになったその血は、どんなにか私たちの良心をきよめて、死んだ行いから離れさせ、生ける神につかえるものとすることでしょう」

という御言葉が力強く迫ってくるのです。

 ハレルヤ!

| ウオッチマン・ニー | 22:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - |
コメント
candyさん どうもです。

実は・・・この数週間
この「灰」のめぐみについて思い巡らしていたのです。
さっちゃんの記事から
さらに詳しい解説をいただき
感謝でございます、ハレルヤ!

弟子の足を洗ってくださる
主イエスの愛がリアルにせまってきます
| ゆっこ | 2009/09/14 7:45 AM |

こんにちわ+.(´∀`*).+゚.ゆっこさん

主にあって繋がっている恵みに感謝いたします。

御言葉の真理に触れることは喜びですね
| candy | 2009/09/14 7:46 AM |

何と深い真理なのでしょうか。
ただただ、十字架の恵みを賛美します。
| ik-hoshino | 2009/09/14 7:37 PM |

アーメン、アーメン!

御言葉の内に込められた神の御思い、ご計画を知るとき思いが溢れますね

主が私たちに備えてくださった購いのゆえに、主を褒め称えます!
| candy | 2009/09/14 10:38 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/46
トラックバック