SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 放蕩息子の奥義 その一 | main | 放蕩息子としてのイエス その3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
放蕩息子としてのイエス  その2
  
 ナウエンに示された放蕩息子としてのイエス・・・という奥義が、心の中に光を灯す。


、『私は、自分の父のところに、あなたがたの父のところに、私の神のところに、あなたがたの神のところに、のぼってゆこうとしている』と」。ヨハネ20:17

まことの聖所にはいりご自身の血をささげるために、私にすがりついてはいけませんとマリアに話したときの言葉だ。

今まさに成し遂げられた贖いの血を持って、父のところ、わたしの神のところに、あなたがたの神のところに、上ってゆこうとしている。・・・

この御言葉から、ヨハネの14章の「あなたがたのために、、わたしは場所を備えに行くのです」と語られた御言葉が浮かび上がってきた。

 罪のために死んでいた私たち=放蕩息子を天の父の家へと連れ帰るため、ご自身が父から離れた放蕩息子となられた。それは「惜しみなく与える」息子としてのイエスの姿だった。

「キリストは神の形のうちにあったが、

神と等しくあることを

固守すべきものとはみなさずむしろ己れ自身を空しくした、

奴隷の形をとりつつ。

さらに人間と似た者になりつつ、

人間としての姿において現れつつ、

己れ自身を低くした、」ピリピ2:6〜


 人間に似た者、人間の姿・・と・・・これはまさに、放蕩息子の姿になって・・ということに重なる。

 ご自身がむなしい放蕩息子の姿となられ、いえ、それ以上に、
どうか雇人なみにしてください」という放蕩息子の言葉よりも、さらに低い、奴隷の形をとられたのである。

 イエスのへりくだりの深さを心に感じ、胸が震えた。


 ピエール・マリーという方が、この放蕩息子としてのイエスの姿を詩的に、かつ聖書的な見方で書かれている。

  次回はその文章をご紹介します。
| 御言葉の分かち合い | 07:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:27 | - | - |
コメント
深いお話シリーズその3を楽しみにしてま〜すm(__)m
| りぼんで〜す\(^o^)/ | 2010/11/12 10:15 AM |

リボンちゃんへ

お待たせしました〜(*´∀`*)ゞ

その3をアップしましたよ。

とても素晴らしい文章に放蕩息子の物語がまったく新しい視野を持って読めると思います。

主は本当に素晴らしいですね!
| candy | 2010/11/13 10:53 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/403
トラックバック