SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< いのちの言葉を語る | main | 喜びの爆発! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Nさんの洗礼式

ハレルヤ! 昨日はNさんの洗礼式でした。(追記あり)

 お祝いに駆けつけてくださった愛する兄弟姉妹、そして、お祝いのメールなどを寄せてくださった方々、この日のために祈ってくださった方々に、主の油塗りが豊かにありますように!

 このような祝福と喜びに満ちた洗礼式は初めてでした。

 御使いたちの沸き上がる喜びに、私たちも与っていること深く感じさせられ、感謝です。

 
   もっとも小さな者に注がれる神の祝福は、計り知れない大きな恵みとなって

 こちらまで溢れ流れてくる、本当に主は素晴らしいです!

  遠くの地にあって、この場に共にいることができなくても、確かに多くの兄弟姉妹がキリストにあって共にいたことを感謝します!

 この洗礼式の最中、豊かな神のご臨在と、天の喜びが満ち溢れていました。

 多くの人々が涙し、N姉妹の証に励ましを受けたことを深く感じさせられ、本当に感謝しています。

 受洗したN姉妹は、祝福の言葉に包まれながら、喜びに溢れて、

 このように言いました。

 「ありがとうございます。ありがとうございます。・・・

 (息子のほうを見て)

 次は大ちゃんの番だよ〜!!」

   息子はタジタジになりながら後ずさりしていましたが・・

 喜びの席は、たちまち兄弟姉妹の爆笑に!

  息子はこの日、来て下さった学校の担任の先生の前に、まるで借りてきた猫のように、小さくなっていました(笑)

 先生の救われたきっかけのお話もお聞きすることができ、
 
 主の恵みの深さを改めて感じさせられた交わりになりました。

 koji夫妻やyo-ko姉妹も駆けつけてくださリ、本当に感謝します。

 主がN姉妹を通して、天の窓を開き、祝福の雨に周りさえも潤し、満たして下さったことを、本当に感謝しています。

 
 喜びの中で流れていた賛美は もちろん!!

            GOD BLESS YOU
               

           

 
 

 
            
 

          

 

              


                 受洗後のNさんの証 


  

私は、この目を悪くする前は、普通のOLとして仕事をしていました。でもある日突然、今まで普通に見えていた目が
もやがかかったように見えなくなったのです。昨日まで見えていたPCの画面も見えなくなって仕事もできなくなりました。
 その後、盲学校に通い、マッサージ師を志すも、こんどは脳梗塞で倒れ、三ヶ月もの間、集中治療室にいたのですが、そこは、昼なのか、夜なのかも区別もない闇のような長い時間でした。言葉を発しても、言葉にならず、毎日のように死ぬことだけを考えていました。目も、体も不自由になっただけではなく、透析をうけなければならない体になっていました。それでも必死に
リハビリを続け、やっと昨年5月に退院。
 
不安を抱えながらも、一人暮らしをスタートさせました。一人暮らしをはじめて一年余り、私はまだ神を知らなかったのにも関わらず、ディサービスで出会ったお年寄りの人々から来る深い慰めや励まし、透析室の温かな看護士さんたち、ホームヘルパーさんの助け、などを通して、今まで感じたことのない温かな、
そして、不思議な力に守られているという思いを感じはじめていました。
 
 そんな時、同じ透析室に通う姉妹との出会いをとして、
 
 神様が私を愛してくださっている事を聞いたのです。
 
以前、少しだけ通ったカトリックの教会で、聞いた言葉を思い出しました。
 
 「私たちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛し」ヨハネ第一4:10
 
 
 私は全てがピッタリと納得が出来ました。今まで私を守ってきてくれた大きくて不思議きな力は神様だったんだ!と。全ては神様の恩恵だと解り、人生のパズルが解けたかのように心の中の霧が晴れたのです。
 
 
 「目が悪いのも、体が不自由なのも、腎臓が悪いのも、私でよかった。他の誰でもなく、私でよかった。透析にならなかったら、姉妹にも会えなかった。
 
 神様の愛がわかり、私もイエス様を信じたい!
 
 まだ元気だった時、私は恋人と贅沢に過ごすことが幸せだと思っていた。でもそんなのは、幸せじゃなかったんだね。

姉妹やヘルパーさん、ディサービスの人々、透析の看護士さん、みんなとてもいい人ばかり。元気だったら決して気づかなかった幸せをこんなにも身近に感じることができる。これが幸せなんだ・・・」
 
そのように気がついたのです。
 
 ・・
 アメージンググレイスという賛美のごとく、驚くべき恵みが私に今日起こった!と思った瞬間でした。
 
5月23日、姉妹と初めてお話をしたその日、私はイエス様を信じる決心をし、イエス様を受け入れるお祈りをしました。
 
それから、神様がいつも共にいてくださることがわかって感謝することが多くなりました。
 
 自分がこのような体でも、それでも生かされた理由があるということに気がついたのも、とりなしの祈りを捧げるうちに気ずかされたことでした。。
 
 一番、中でも嬉しかったことは、
 
 私の祖母のことを通して、罪が許された喜びです。
 
実は、 私は20歳から5年間、痴呆がひどくなった祖母の面倒を一人で見ていたことがありました。
 私にとって本当に辛く、悲しい日々でした。来る日も来る日も、何がなんだかわからなくなった祖母の面倒に振り回されるうち、ストレスから祖母に対してひどいことをしてしまった自分がいました。
 
 そのことを思い出すたびにずっと罪責感に責められていたのです。
 
 現在祖母は施設に預けられていますが、すでに話は通じない状態で、その時のことを誤りようにも、もう通じないもどかしさもあって、本当に苦しかったのです。
 
そのことを神様に祈った夜に、不思議な夢を見ました。
 
 今は何もわからないはずの祖母が、夢に出てきて、私にこういったのです
 
 「○○ちゃん、わかってるよ、 大好きだよ〜」     」
 
 とても不思議な夢でしたが、
 
 神様が祈りに答えてくださり、私に一番わかりやすいように、
 
 罪を許してくださったことを知り、本当に嬉しかったのです。
 
 
またこのような体で生活してゆく中で、困るようなことはたくさんあるのですが、
イエス様がそばにいてくださることが示され、平安が与えられることがとても幸せです。
 
 今は毎日、目覚めて兄弟姉妹のことや、ディサービスのお年寄りの方々、同じ透析室の人のために祈ることが、私の日課になり、神様が日々祈りを聞いてくださっていることを感謝しています
 
辛いこともありますが、神様を信じてついてゆきたい気持ちが日々強くなっていったので、受洗を希望いたしました。
 
 
 皆様のお祈りに支えられ、こうして洗礼を受ける日を迎えられて、心から感謝しています。
 
 ありがとうございました。

       ................................................

      N姉妹よりいただいたメール

今日の洗礼は、神様にも皆さんにも祝福され、心に残る日となりました。最初はすごく迷ったけど、洗礼を決心してヨカッタです\(^o^)/

昨日までの自分と何かが大きく違う…変わったような確信があります(*⌒▽⌒*)v

本当に不思議なんですが…。

巧くは言えませんが、例えるなら重い鉄の鎧を脱いで裸になったような…そんな楽な気分と清々しさでイッパイです♪♪♪

これからは主にお任せして、私は無理して頑張らなくてよいのだと解り、迷子が親に会えたようなホッとした心境です(笑)。

今、とても平安で落ち着いて穏やかな気持ちでいます。ちょうど夕凪の穏やかな海みたい…。

いろいろなことが、不思議なくらい、『もう過ぎたコト』になり、自分の中でスッカリ消化されていました。

こんなに楽で晴れやかな気分になれるなら、世界中の人に洗礼をオススメして回りたいぐらいです(*⌒▽⌒*)b

今迄はなんとなく神様を信仰しているコトを隠していましたが、今日からは堂々と神様の子供であるコトをお誰に対してもハッキリと明言できます!

本当に本当に、洗礼を受けてヨカッタです(o^_^o)

昨日までムダに色々なものと闘ってきた自分にオツカレサマを言いました(^人^) 

    
    
   

 ※(ネット上の多くの兄弟姉妹の皆様にも祈っていただき、洗礼の感謝と喜びを分かち合いたいという願いで、ブログにお証と写真をご本人の了解のもと、掲載させていただきました。
 なお、今回この記事に対して、お寄せくださったコメントがありましたら、ぜひN姉妹にそのまま転送したいと思っております。)
| | 22:25 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - |
コメント
Nさん、洗礼をおめでとうございます。証も読ませていただきました。大変おつらい思いをなさられたように存じますが、神様がNさんを本当に愛してくださって、少しづつNさんのお心を準備され、不思議な出会いにより、イエス様がNさんをお救いくださったことがわかります。Nさんが洗礼を受けられたという喜びの知らせと、また、Nさんが信仰交わりをしておられるというご様子をcandyさんのブログで読ませていただき、私も、はかり知れない喜びに満たされました。言葉に言い表せない感謝に心が満たされています。Nさん、本当に、本当に感謝いたします。私は病院で毎日働いている者です。Nさんと同じご病気の方も毎日接しています。でも、Nさんのような方は、まだ、私の周囲にはいません。でも、Nさんのことをお聞きし、私も、失望しないで、祈り続けようと、励まされました。本当にありがとうございました。
| meek | 2010/10/18 6:00 PM |

meekさんへ

早速N姉妹にmeekさんのコメントを携帯のほうへ送信させていただきました。

姉妹は、「感謝いたします」と言われて、私は何もしていないのに、どうしたらいいかしら?・・と困惑されていました。笑

「私はただ、食べたい時に食べ、寝たい時に寝、ぐーたら生活しているに過ぎない・・だから、感謝なんてほんとうにとんでもない・・」って^^

そんなくったくのない明るい彼女の姿に多くの人々が励ましを受けていることを日々感じさせられています。

主の中で喜んで生きている、それが一番の証なんですね^^そのことを彼女から私も教えられています。
| candy | 2010/10/19 7:03 AM |

困惑させてしまいましたね。笑)
どうもしなくてもいいですよ〜。笑)
そのまま、くったくなく、明るく、新しいいのちを、お育ちください。こういう感謝は、相手に伝えずに、内側に秘めていればよかったのかもしれませんね。

>主の中で喜んで生きている、それが一番の証なんですね^^

本当にそうですね^^)!!。
God bless you!
| meek | 2010/10/19 7:34 AM |

主は素晴らしい、
主は素晴らしい、
素晴らしいN姉妹の主。

何も飾ってない、N姉妹のあかしは、救い主イェスに捧げる、姉妹の完ぺきな信仰告白であり、罪人であった彼女自身を聖なる火に明け渡し焼き付くされた印しに感じました。おばあちゃんと一緒に暮らして、姉妹が負いきれなかった重荷を、普通は言い訳の一つぐらい混ぜながらの証になりがちですが、姉妹はただ自分がやってしまった事だけを主に悔い改めて、お祖母さまにも、謝りましたね、姉妹が許されていることを、イェス様は、夢をみさせて下り、心の重荷はおろされ、今日、晴れの日を迎えて、天にも、地にも、ハレルヤが充ち満ちました。栄光を受けるにふさわしい、たったひとりのお方、姉妹の為に、十字架にかかり、姉妹の死をまっとうして下さった、イエス様が、姉妹の為に十字架の上で語られた、わたしが全てを完成した、と宣言し、姉妹の救いを完成して、いまたいへん満足しておられる、主イェス様にこの証の香しい香り(信仰告白)を受けるにふさわしい方ですね。
栄光は主のもの、
祝福は姉妹のものです。???
今日、姉妹の為に生まれたイェス様、
また、
イェス様の為に、生まれた姉妹、
お二人をつなげ
N姉妹に主イエス様の愛とゆるしを届けて下さった、 アメ姉妹の見事な!コラボレーションを ???イェス様にあって喜びます。〜?〜
| かわい。 | 2010/10/19 5:52 PM |

かわいさん、こんにちわ(*´∀`*)ゞ

祝福に満ちたメッセージを彼女に送信させていただきました。ありがとうございました。

本当に証のとおり、彼女自身、まだ罪びとであったうちから、十字架の死を(まさに死の影を歩む経験)を通らされたことを思いました。
脳梗塞もかなり重度であったこと、召されてもおかしくない状態の中から、生かされ、それでも目も見えず、苦しみさえも言葉として発することができない中に、3ヶ月もの間、閉じ込められていたのです。体にかゆみを感じても、かくことすらできない。ましてそれを頼む言葉すら失って、ひたすらたえるしかない。
間違って天敵の針を抜いてしまったことで、さらにベッドに拘束(唯一動く腕を縛り付けられてしまった)集中治療室の辛さが壮絶なものだったことを感じさせられます。まさに十字架につけられたキリストと一つにされていたことを思うのです。

姉妹はよくおぼろげに見える聖書の表紙の十字架をたどり、主の十字架を思い巡らしています。

彼女の屈託のなさは、十字架を通ってきた自由さに生かされているからなのだと深く思わされています。

あともののが先になり、・・という言葉は本当です。
私は彼女からいただいてばかりです。
| candy | 2010/10/20 7:20 AM |

涙が溢れてきました。

神様の子供として生まれ変わったN姉妹にたくさんの恵みが与えられますよう、心からお祈り致します。

本当に良かったですね!(^^)!

おめでとう!!!!!
| makibo | 2010/10/21 7:51 AM |

makiboさんへ

コメントを感謝します。makiboさんのこめんとはN姉妹にも送信させていただきますね。

ありがとうございました。

 
| candy | 2010/10/21 2:28 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/386
トラックバック