SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 自己憐憫・・恐ろしい罪 | main | 詩と賛美と霊の歌とをもって >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
主に手渡す時
 主と、その人自身の問題の中に、入り込んではならない。

自分が何者か勘違いして、用いられると考えてはならない。

そのことを、ある交わりを通して、はっきり教えられた。

ある姉妹をもう20年ほど前にキリストに導いた。彼女の抱えている問題は大きく、いろんなことを彼女と分かち合ってきた。

それでも、何か通じるものを感じることができなくて、人の心は人によっては決して変えられないことをいやというほど感じさせられていた。

そんな折、とても大きな事件が彼女を襲った。

あまりにも手の余る事件に、私自身も打ちひしがれた。

私自身それまでは、交わりを通して、彼女が主によって取り扱われることを願っていたけど、

本当に行き詰ってしまったのだった。

私は完全に主の前にお手上げ状態であること、私には何もできないことを祈り、ある意味、交わりさえも主にゆだねて、私は一時その姉妹から離れたのである。

その姉妹と久々に今日電話で交わった。


その姉妹との交わりの中で見たもの。

彼女はもう以前のような彼女ではなかった。

いのちが流れているのである!!ハレルヤ!!

 私はなんと多く主と彼女の間に入り込んで、余計なことをしてきたのだろうと思わされ、彼女に心から謝った。

 人が変えられることは、必ずしも、私を必要としないのである。

 なんと傲慢な私だったかと悔い改めた。

 
 主の前に、自分の無力さを真に認め、ゆだねる時、主ご自身がその人を導かれる。

 私でなければとか、なんと高慢だったのだろう。なんと間違った考えにいたかと思わされた。

 もし用いられるとしてもそれは、主の勝手なのである。

 私でなくとも、主は願ったことを行われる。

 もし仮に用いられることがったとしても、それはただ主の恵みに過ぎない


 そのことを深く知らされ、私の思いなど超えて働かれる主を心からあがめた。

 人の内側が変えられること、それはただ主の御わざ

 自分の手から手放し、明け渡すことの大切さを、心から感じた。



| | 01:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:01 | - | - |
コメント
「主と、その人自身の問題の中に、入り込んではならない。」のですね。
つい、入り込んでしまいますものね。
肝に銘じます。
ありがとうございます。
| ソヨギ | 2010/09/22 2:08 PM |

ソヨギさんへ

つい入り込む、・・そうなんですよね。
私自身も同じです。

祈りつつ信じて委ねる、どんな時も学ばされることばかりです。
| candy | 2010/09/22 9:56 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/367
トラックバック