SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 聖別 | main | 主に手渡す時 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
自己憐憫・・恐ろしい罪
 自己憐憫という実に巧妙な罪に対する怒りを最近ある出来事を通して強く感じた。

ここに書き込むことを通して、誰かを断罪したり、罪定めしたりするということが目的では決してない。

 起こった出来事を通して、気づかせてくださったことを書いてみようと思ったからだ。

自己憐憫・・・弱さという盾に隠れこんで、人の同情を引き、自分が悲劇のヒロインになることを通して、自分を自分で憐れむ。自分を傷つけようとする人に対する激しい憤りと憎しみをもち、それを正当化して自分自身を義とする。

この自己を憐れむ思いの底に、傷ついてきた道があり、孤独、満たされない寂しさが沈んでいる。

それを土壌にして、カビのように繁殖し増殖するのが自己憐憫である。その罪はなんと多くの罪の胞子を飛散させていることだろう

その憐憫にとどまったまま、そのままのあなたが愛されていると受け入れ、同情し、ありのままのあなたでいいというメッセージを聞き続ける事によって、自己はさらに膨らんでゆく。まるで繁殖し始めたカビを、さらに心地のよい温室に移し、シャーレーの中に保護し、増殖を助けるかのようなメッセージが発せられ続けているのである。

自己憐憫から発された願いが受け入れられ、そのままの自分を包んでくれる場所を居心地よく感じるのは当然だ

自己を膨らました人々が、やがて教会でそれなりの地位に着き、凝り固まった自己をさらけ出し、さらに自己実現しようとするから、もう手が着けられない。

信仰の年数と自己が比例するように膨らんでいて、ちょっとやそっとじゃ崩されることのない自己という城壁が出来上がっているのである。

キリスト教界が蒔いてきた甘えの種は、なんと多くの悔い改める機会を奪ってきたことだろう。


 自己からの解放がなければ、真の解放はありえない

 自己を明らかにするものが、十字架である

 自らの醜さが暴露される時、幸いである

 光の下にさらけ出されることを通して、人は自らの真の姿に気づきはじめる

 
 人は聖霊によらなければ誰もイエスを主ですということはできない

 それとまったくおなじ、

 人は聖霊によって神の目に映る自己の真実な姿(罪そのもの)に気づかされることを通して、十字架へと導かれ、

 主イエスのへりくだりと柔和さを学び始めるのである。

 
 
  このように書いている私自身、何かことが起これば、この自己を憐れむという甘い誘惑につい引き寄せられる。

 自分自身を義としようとする思いに駆られ、人に同調を求めたくなる。

 本当にそうだよね・・と言ってくれる言葉を待っている恐ろしい自分が存在し、身震いするのである。

 
 
 自己からの解放、いえ、自己に死に続ける十字架こそ、真に生かされる道であり

 真理はあなた方を自由にする、いのちに至る道であると信じる
 
 











| - | 06:14 | comments(10) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 06:14 | - | - |
コメント
「この自己を憐れむ思いの底に、傷ついてきた道があり、孤独、満たされない寂しさが沈んでいる。
それを土壌にして、カビのように繁殖し増殖するのが自己憐憫である。その罪はなんと多くの罪の胞子を飛散させていることだろう」
そうですねぇ。私は、多くの罪の胞子を飛散させてきました。今も、あるけど....。。あぁxまた...って思い、イエス様、これをこの思いをとってください!って叫んでます。嫉妬、ねたみ、怠惰、臆病、....強いです!。。日々、ギャーまた!きたって感じです。。イエス様...。。祈
| miyuki | 2010/09/21 11:21 AM |

アーメンです。
御心に添った悲しみは救いに至る悔い改めを生じさせますが、それを避けた、膨大な言葉で取り繕うばかりのいいわけはもう結構、私も悔い改めに相応しい実を、いつも結んでいたいと思います。
| リチャード | 2010/09/21 2:01 PM |

「その憐憫にとどまったまま、そのままのあなたが愛されていると受け入れ、同情し、ありのままのあなたでいいというメッセージを聞き続ける事によって、自己はさらに膨らんでゆく。」
私もそういうメッセージを送ってきたこと、反省します。
また、「本当にそうだよね・・と言ってくれる言葉を待っている恐ろしい自分」のことも。
ありがとうございます。
| ソヨギ | 2010/09/21 7:03 PM |

miyukiさんへ

こんにちわ^^そうなんですよね、自分の中にも何かことが起こると、そんな自己憐憫さが顔をもたげてくることがあります。でも主はそのたびごとに気づかせてくださる。その時、心をかたくなにせず、心開いて悔い改めること、すでに罪赦されたこと、キリストと共に十字架につけられ、キリストと共に死んだことを信じ、主の御許に安息します。
 絶えずキリストの十字架の下に駆け寄リ、主を待ち望みます。
 主は死からいのちへと移してくださったその御言葉の実際へと導きいれてくださいますよ。
 「立ち返って静かにすれば、あなたがたは救われ、落ち着いて、信頼すれば、あなたがたは力を得る」イザヤ30:15
| candy | 2010/09/21 8:36 PM |

リチャードさんへ^^

お久しぶりです。

>御心に添った悲しみは救いに至る悔い改めを生じさせます

アーメンです。ここなんですよね。
罪に対する心からの悲しみを持ちつつ、主の贖いを心から信じることこのバランスが崩れてしまうことは、自己を膨張させるものになりますね。

時には、兄弟姉妹の間でも、真実をぶつけることがうやむやににされてしまうことがあります。主の前に愛と真実をもって語り合うこともとても大切なことなのだと、気づかされた出来事でした。

悔い改めにふさわしい実を結ぶ・・
アーメンです
| candy | 2010/09/21 8:50 PM |

ソヨギさんへ

はじめまして^^書き込みをありがとうございます。

 主は神の子とされた一人一人を得たいと深く深く思っておられます。

ところが、自分を自分で憐れむ、これは自分を自分で救おうとする行為そのものであり、神に頼ることをせず、己を頼みとするのですから、その思いはむなしくなり、心が暗くなります。
クリスチャンであっても喜びさえも感じることがなくなってしまうのですよね。

 ありのままで愛されているというのは、自分を救うすべさえも明け渡し、自らの弱さを認め、主イエスなしでは何事もすることはできないこと十字架の光の下で示され、

心から打ちひしがれた、砕かれたたましいに向けられた、神の深い憐れみが、ありのままで愛されていることをそこではじめて知ることができるものなのかもしれません。


欠けあるままで、弱さの内に憐れみを注いで下さる主ご自身をさらに知り、もうへりくだるしかなくなるのです。

 蒔いてきた種の刈り取りはとてもとても大変です。多くの教会の問題であることを感じています。

 しかしどんなところからであっても主に立ち返ってください。

 真実に主に向くなら、主は死からいのちへと移してくださると信じます。


| candy | 2010/09/21 9:31 PM |

>カビのように繁殖し増殖するのが自己憐憫である。

以前は「受け入れる事が愛」だと思っていたけど、実は憐憫を増長させていく他にならないんですよね。

ジメジメしたところから出て、太陽の元(主)に晒される経験で自己を知ることは幸いですね。

事後報告ですが、記事を私のブログ内にて紹介させて頂きました。m(_)m

| 詩音 | 2010/09/23 3:22 PM |

詩音さんへ

>ジメジメしたところから出て、太陽の元(主)に晒される経験で自己を知ることは幸いですね。

アーメンです。

ありのままで愛されている、そのままのあなたで・・というフレーズは耳に心地のよい言葉ですが、聖書にはそんな福音はどこも書いていませんね。
ありのままでいいのなら、キリストは十字架にかかる必要がなかったことになりますね。

キリストの中で、心刺されるほどに罪が示される、これはすばらしい恵みですね


ブログご紹介感謝いたします。(*´∀`*)ゞ
| candy | 2010/09/23 10:27 PM |

穢れ悩みもそのままに携えこよと主は招く
でも、イエスは
そのままで来なさい。そして私から学びなさい。
といいます。
全ての部屋を開けてイエスさまに入っていただかないといけませんね。

本年もよろしくお願いいたします。(^^)
| シオン☆けい | 2011/01/09 12:19 AM |

しおん☆ケイさんへ

心の扉を開け放って・・本当にそうですね

一切を手放すこと

自ら握っているもののすべてを。

こちらこそ、今年もお願いします
| candy | 2011/01/10 10:46 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/366
トラックバック
自己憐憫から自己解放へ
また今週の火曜日から、Biggest Loser シーズン10の放送開始となった。 昨晩の放送はが7つの地域ごとから選ばれた総勢21名の男女。その地区代表の3人のうち2人がカリフォルニアにあるトレーニングジム行きが決定されるという内容。選考法は、1マイルマラソンか、500
| シオンの山から | 2010/09/23 3:20 PM |