SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< あれからもう3年 | main | 娘のボヤキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
御体に流れるいのちがあらゆる器官に流れてゆきますように
 神の慈しみと恵みは、本当に小さないのちの内に、心貧しく、砕かれたたましいの内に

豊かに現される

神の御手のわざは、清らかな流れのように、低くされたいのちの中に、深い慰めを伴って流れてゆく



ここ最近、ブログでは書くことができないような神の憐れみに触れることが多くなった。

兄弟姉妹のうちに幕屋を張られたお方は、兄弟姉妹のうちにご自身のいのちを現してくださる。

体の部分部分は独立して生きることはできない。

そう、ほんの一瞬でもである。



透析患者になって、そこから教えられることがいくつもある

腎臓が機能していないことから来る弊害は一つだけではない。免疫力の低下による感染症や癌になる確率は非常に高い。

腎臓は血液が造られるための大切な臓器でもあるので、つねに貧血改善の薬の投与を受けていなければ、見る見るうちに貧血になる。

本来、人間の体にとってよいものであるはずの栄養素が、尿として排出されなくなると、体のあちこちを攻撃するものとなる。

いのちの根源である血液の中に、よいものであるはずの栄養素が毒素となってあふれ出し、心臓を止めてしまったり、血管を傷つけ、動脈硬化を起こすのである。

動脈硬化は知らないうちに進んで行き、血液の流れを阻害してゆく。

やがて太い血管が詰まりだすと、そこから先の体の部分にいのちである血液が流れなくなり、壊疽を起こし、切断にまで追い込まれるケースがある。

糖尿などの病気を併せ持っていると、さらに厄介なことが多い。

怪我をするといつまでも治らないばかりか、

ある方は、かかとのひび割れが原因で、壊疽に。切断を余儀なくされた。

またある方は、畑仕事の土で、小さな傷口から感染し、両足を切断することになった。


怖い話ばかりだけど、体にとって、その部分部分が生かされるのに、いのちの流れ、それも清らかな流れは絶えず流れることがどれほどに必要なことかと思わされるのである。

弱っている、傷ついている部分には、なおのことである。

罪が入ることによって、御体を傷つけたり、霊的な動脈硬化は至るところで起きている。

罪が入るといっても、クリスチャンはあからさまに罪だとわかるような罪を犯すことはまずない。

ところが、知らず知らずに罪を重ねることがある。

兄弟姉妹に対して無関心(傍観者)であることや、御霊の導き(小さき主のみ声)に対して心を閉ざすこと
心かたくなにすること、偽ること(自分の本当の姿、ありのままの姿に対して)

それらは霊的な動脈硬化を起こす因子そのものである。


体の動脈硬化が進まないようにするには、進行させる要因、危険因子を排除してゆかなければならないのと同じように、文字通り、捨てていかなければならない。



 「ですから、あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。私たちは体の一部分として、互いにそれぞれのものだからです。」

                 エペソ4:25

 
 頭なるキリストにしっかりと結ばれ、主のいのちが兄弟姉妹の間を自由に流れ、行きめぐる事を通して、キリストの体が真に建て上げられてゆきますように!








| 祈り | 07:25 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:25 | - | - |
コメント
下のブログにも
「主人との会話は・・・ヒミツ・・」とありましたが、
言えないことの中や、書けない事に奥深い何かがあります。親密だからこそ密なこともありますね。

頭で考えると不安になる
何も希望がなくなりそうになる
私達の幕屋はボロボロになっていく。
所詮テントは仮住まいなのだけれど
それが、この世でもいっちょうらなので気になる。
早く中だけでなく外にも永遠を着たい。
| 電気屋 | 2010/09/10 7:21 AM |

電気屋さんへ

言葉にしてしまうと、何か違ったものになってしまうような・・神の恵みはだんだんと言葉を超えた深みへと導かれてゆくのかもしれませんね。いのちそれ自体、言葉では言い表せないものですものね。

 
 確かに、私たちの幕屋は日々衰えてゆくもの。
でも、外なるものの衰えが、逆にキリストにある幼児、幼子へと、内なるものは日々新たにされるための恵みなのかもしれませんね。

>早く中だけでなく外にも永遠を着たい

アーメンです。
| candy | 2010/09/10 7:49 AM |

>本来、人間の体にとってよいものであるはずの栄養素が、尿として排出されなくなると、・・・
ではなく、わるいもの、ですよね? 念の為に。でも、いつまでも仲の良い夫婦でいて下さいネ。
| エシュコル  | 2010/09/11 12:25 PM |

エシュコルさんへ

人間の体にとってよいとされるミネラル。
普通体には害ではありません。。でも、慢性腎不全の患者は、尿がでなくなりますので、よいとされるミネラル分が、体に悪い影響を及ぼしてゆくのです。

腎臓が悪いと、カリウムやりんという成分が(これらは本来体にとってよいもの)
体外に排出されず、特にカリウムなどは数値が高くなると、心臓を止めてしまうのです。
 りんの取りすぎは、色々な合併症を引き起こす厄介な栄養素です。これらの栄養素は、ほとんどの食事に入っています。
ですからたくさんは食べることができないのです。エシュコルさんの体にとってよいものが、私にとってはとり方によっては毒になるということです。
| candy | 2010/09/11 11:13 PM |

なるほど。。。。健康体であっても摂り過ぎはよくありませんから。ハイ。
| | 2010/09/13 10:07 PM |

エシュコルさんへ

何でもほどほどにバランスよくですね^^

| candy | 2010/09/14 12:45 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/353
トラックバック