SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 主を慕う | main | 素敵な結婚式 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
主の憐れみ

 息子の希望進学先から教育相談の結果の連絡があった。

すでに3校受けたのだが、そのうちの一校は残念な結果に。

今日は息子が一番行きたがっている学校からの返事が届いた。

一次審査を通ったという知らせだった。

この夏休みの教育相談でほぼ決まると聞いていただけにとても嬉しい知らせだ

54人しか入学できない中に180人以上の人が希望している。

主の憐れみ、ただそのことを思う。

ここに至るまでの間、主がその一つ一つの出来事を通して息子の進路を導いてくださった。

昨年の暮れ、大きな事件をきっかけに息子が軽度の知的障害と診断を受けてから

初めて高等養護の存在を知った。

高等養護は一般の高校とは違い、すでに4月の時点から動き始め、夏休みの教育相談を経てほぼ決まっていく。

そのタイミングといい、すべての中に主の導きを感じた。

高等養護といっても、普通の養護学校とは違い、非常に厳しく職業訓練などを受けてゆく学校。

社会で一人で生きてゆく力を身につけてゆくために、あらゆることを教えられる。

役所の手続き、パスポートの取り方から始まって、働く体力をつけるために日々体力作りにみっちりしごかれる。

入学時100舛△辰紳僚鼎寮古未見る見るうちに60キロまで落ちるというから、半端ではない。

その厳しさを知った上で、息子はそこを希望していた。

ここ数ヶ月の間、本当にいろいろなことを考えさせられた。

正直、高等養護への進学が本当に息子にとって本当によいことであるのか何度も揺れ動いた。

それはそちらに進むことは、障害者として社会に出て行くことを意味する。

しかし、息子自身、小学校時代のかんもく(人と話をしない)ことで自分を守ってきたこと、それがどれほどに息子自身が悩み苦しんだことであったのか、話せない苦しみに涙することもあった。

私の中のそうした揺れ動きは、息子が自分の障害を受け止めたうえで歩み始めようとしていることを、私自身が素直に受け止め切れなかったんだと改めて思った。

息子の将来を含め、主に明け渡すこと、

この数ヶ月の間、私自身が主に取り扱われていたことを感じた。

今はただ、すべてのことが主の側の導きで、ここにつれてきてもらった、としか言いようがない。

弱さを持っているということは、世の中の常識で言えば、ハンディかもしれない。

でも、その弱さのうちに、神の御手が豊かに現される恵みが溢れている事を知る。

それは私自身のことはもちろん、子供のこと、家族のこともおなじ。

一切を主に明け渡してゆくとき、主の側で心配(心を配って)してくださり、思いも寄らない方向へと導いてくださる。


ただすべてのことについて、憐れんでくださった・・

そして、祈ってくださった多くの方々のゆえだと心から感謝いたします。

主は本当に真実な方です!!

| 息子のこと | 19:02 | comments(12) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:02 | - | - |
コメント
良かった!嬉しいです。

主は信頼するものを決して裏切らない。励まされます。
真実な方を褒め称えます。

息子さんのこれからに、主の豊かな備えと守り、そして平安があることを共に信じます。
| emi | 2009/09/03 8:56 PM |

良かったですね。ほっとしました。

私が一番深く関わった子どもも、うまく行けばこの4月から奈良の高等養護に通い始めます。

| Salt | 2009/09/03 9:50 PM |

emiさん、saltさん

お祈りありがとうございました+.(´∀`*).+゚.

主の憐れみの深さ、今はただただ驚きでいっぱいです。

心から感謝したします。

| candy | 2009/09/03 11:33 PM |

お辛いことも多くあったことと思います
主の慰めに支えられ御国まで
歩めること・・幸い

「あなたがたは世の光」

Candy 姉も
息子さんも
他の御家族も

神様が光として
わたしたちに備えて
くださったと

感謝いたします
(~~)
| 欠けた | 2009/09/04 6:02 AM |

欠けた器さんへ

いつもお祈り感謝いたします

「すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです」

この方のうちに隠されている、その幸いを感謝いたします

一つ一つの出来事の中でキリストが生きてくださること見る、そこにとどまる幸いをともに分かち合ってゆくことができる。本当に感謝です

| candy | 2009/09/04 6:56 AM |

主のお取り計らいに心から感謝します。

母として親として、これでいいのかという思いは、どちらを選択してもあるんでしょう。

本人が選んだことは、大きな力となっていくと確信しています。

わたしたちは 神の中に生き 働き 存在する。

どこを見渡しても、主の香りがします。

守られ強められていく子を見るのは、励ましと癒しを与えられます。

わたしたちを見ている神様もおなじような気持ちかもしれませんね。
| シオン☆けい | 2009/09/04 8:39 AM |

おめでとうございます。本当に感謝です。

しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。アーメン

弱ければ神の力が完全に働いてくださる。
このみことばは事実です!
| ムベ | 2009/09/04 9:24 AM |

シオン☆けいさんへ

>これでいいのかという思い、

本当にそうですね。一番よいと思っていることにすら、そうでなかったりするのですから。

どうしたらよいかわからなくても、ゆだねることができる、感謝です。

神の中に生き、動き、存在する。

アーメンです




ムベさんへ

ありがとうございます。ともに喜んでくださって嬉しいです。

そして、御言葉を感謝します。

弱ければ神の力が完全に! アーメンです

| candy | 2009/09/04 10:26 PM |

candyさん、こんにちは。
息子さんのこと、とっても励まされました。
主は弱さの内に働かれます。
息子さんを通して、主が豊かに働かれ、ご自身の栄光を現されることと思います。
主が必ず息子さんを守ってくださいますよ。
息子さんの来年からの新たな一歩のためにお祈りしています。
そして高等養護の二次審査(これで最後ですか?)も無事に通るよう、お祈りしています。
そして何よりも、主の御心だけがなされますように。
| みのみの | 2009/09/05 1:39 AM |

みのみのさんへ

書き込みをありがとうございます。私のほうこそ励まされます。

お祈りくださること本当に感謝いたします。

二次審査は来年の2月3日水曜日です

この入学選考を経て、最終決定されます。

息子の願いを祈り求めつつ、何よりも主のみ心が成りますように祈ってゆきたいと思います。

 息子の進路のことを通しても主の恵みを味わうことができる、なんと言う主のご配慮でしょう。感謝いたします。
| candy | 2009/09/05 10:20 PM |

こんばんは。読むのが少し遅れましたが、僕もとてもうれしいです。
息子さん自身が決心された、ということが本当に尊く感じさせられます。
まさに主の御手を感じます。これが主の摂理の御手なのでしょうね。
主をたたえます。


| meek | 2009/09/07 6:51 PM |

meekさん、こんにちわ+.(´∀`*).+゚.

meekさんには、息子のことでは色々とご相談に乗って頂いただけでなく、祈り支えてくださったこと、本当に心から感謝しています。

一次審査が通ったことを息子に伝えた時の、はじけんばかりの笑顔は忘れられません。

主がこのように導いてくださったことは、ただ主の恵み。本当にここにつれてきてくださったのは主です。と感謝が溢れてきます。

私にとっても、どこまでも主に明け渡すことの祝福を、子供を通して見せていただいているようです。

本当に主は素晴らしいお方です。

ともに主をたたえます。ありがとうございました。
| candy | 2009/09/07 10:39 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/32
トラックバック