SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 感情ではなく | main | 共に主を拝する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
自らの十字架を負う意義
 インド永遠の書より・・

「その人の働きと霊的状態に応じて、負う十字架もまちまちである。外側は釘だらけに見えても、十字架は甘美で平和な性質がある。それは、鋭い針をもつミツバチが甘い蜂蜜を造るにも似ている。外側の難しさを恐れるあまり、十字架の持つ大きな霊的祝福を失ってはならない。」


  サンダーシングより

  http://candy0728.blog82.fc2.com/


  「 自らの十字架を負う意義 」へと入りました。ぜひ触れてください。

   
| - | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/283
トラックバック