SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
フラワー

動物をクリックしてみてね^^
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

十字架の恵みが溢れて

主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。
私たちの主イエス・キリストが治めておられます。
彼は万物の主です。
なにものも彼の権威を損なうことはできません。
中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。
私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。
私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。
私たちはあなたの御旨のために立ちます。
おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。
あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン

〜ウオッチマン・ニーの祈り〜
<< 二人が見た夢 (終わりの時代) | main | 感情ではなく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
気ままに対する警告
 

『悪霊どもがあなたがたに服従するからといって、喜んではなりません。』ルカ10:20

 
キリストの働き人にとって罠とは
この世や罪というものではなくて、霊的軽率さである。


つまり、私たちの
生きている宗教的時代の時流に乗って、
霊的な成功を収めたいという思いである。


神の承認以外決して何物をも求めてはいけない。
行って「門の外で苦しみを受けなさい。」


イエスは弟子たちに
奉仕において成功を収める事を喜ぶのではないと言われた。
にもかかわらず、
それこそほとんどの者が喜ぶ一事であるように見える。


私たちは商業主義的な考えを抱いている。
「こんなに沢山の人が救われ、きよめられたのだから、
やれやれこれで大丈夫だ」と言う。


私たちの仕事は神の恵みが
土台を据えられた所から始まる。


私たちの仕事はたましいを救う事ではなくて、
たましいをキリストの弟子とすることである。


救いと聖めとは神の一方的な恵みによって成就される。
神の弟子としての私たちの仕事は
人々が完全に神にささげられた者となるまで、
人々を訓練することである。


神に完全にささげられた一人のたましいは、
聖霊によって目覚めさせられただけの
百人のたましいよりも神にとっては価値がある。


神の働き人として、
私たちは自分たちに霊的に似た人を生み出さねばならない。


神が私たちを働き人として承認してくださるのは
まさにその点である。


神は私たちを恵みによって
人生の高みに引き上げてくださる。
だから私たちには他の人々を
そのレベルにまで育て上げる責任がある。

 

働き人が神の中でキリストと
隠れたところで交わりの生活をもって生きていなければ、
神の霊がその内に宿る人ではなくて、
気短いさしずがましい人になる。


大抵の人はさしずがましい人である。
他の人々にさしずしたり、会合でさしずしたりする。


イエスは決してそのように人々にさしずしない。
主がご自分の弟子になるように言われた時、
いつも「もし」という前置きを付けられた。
決して「しなければならない」という強い主張はされなかった。


弟子になるということは
いつも選択が与えられているということである。

| オズワルド・チャンバース | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:31 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toku-sati.jugem.jp/trackback/281
トラックバック